ウィキリークス創設者「出会い系サイト」に登録か

印刷

   ウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジ氏が、いわゆる「出会い系サイト」に登録している――。米ネットメディアを中心にこのようなニュースが流れている。2010年12月12日の米「ビジネス・インサイダー」によると、アサンジ氏と見られる人物の情報が、米デートサイト「OKキューピッド」に、ハリー・ハリソンという名前で掲載されているという。

   「ハリソン氏」のページを見ると、数枚の顔写真はアサンジ氏によく似ており、「36歳、独身、豪州メルボルン出身」と記載されている。

   自己紹介には、「警告:普通のマジメな男が好きかい。それなら別を探してくれ。俺は君が探しているような、言いなりになる男じゃない」「政治的な混乱が続いている国の出身の女性が好き」などと書かれている。

   本物かどうかは不明だが、記事によるとこの「ハリソン氏」のアカウントに最後にアクセスされたのは2006年12月となっているとのことで、ウィキリークスが国際的に有名になった後につくられた内容ではないことを匂わせている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中