枝野官房長官 「リビアは内戦に近い状態」

印刷
記者会見に臨む枝野官房長官
記者会見に臨む枝野官房長官

   枝野幸男官房長官2011年2月25日の記者会見で、リビア情勢について、

「武器が使用され、多くの市民が死傷している。さらに、それを超えて、表現は気をつけなければならないが、内戦に近い状況であるという事態に陥っている」

と、事実上内戦状態にあるとの認識を示した。その上で、

「我が国としては、平和的な手段で改革を進めてもらいたいということを述べている。特に政府側が、平和的なデモに対して、武力を行使して死傷者が出ていることに対しては、非難をしてきている」

と述べた。リビアに対する制裁措置については、

「我が国が単独で行っても自己満足。各国と連絡・連携を取り合いながら必要に応じて行っていく」

と述べるにとどまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中