前原辞任で閣僚ドミノ倒し危機 「ノックアウト寸前」菅内閣

印刷

   「3月危機」が叫ばれて久しい菅内閣にまたも追い打ちだ。前原誠司外相が、外国人から献金を受けていた問題で辞任したのだ。ほかの閣僚でも、「専業主婦の年金切り替え救済問題」をめぐり、細川律夫・厚生労働相に対して自民党などから批判が高まっており、「閣僚辞任の連鎖」、さらには内閣崩壊へつながる可能性がある。

   菅直人首相は2011年3月7日の国会で、前日に前原氏を慰留したが、前原氏から「強い申し出」があり、「それ以上の慰留をすることがかなわなかった」と述べた。

細川厚労相も辞任に追い込まれかねない情勢

   前原氏は辞任したものの、野党側は菅首相の任命責任について責任を追及する構えだ。「辞任したからこの問題は終わり」とはいかないようだ。

   前原氏の問題だけでなく、「専業主婦の年金切り替え救済問題」でも、細川厚労相が、「救済策」が課長通達で処理されていたことを「知らなかった」としている点などを野党側は問題視しており、細川氏も辞任に追い込まれかねない情勢だ。

   先の新年度予算案採決で、民主党の「会派離脱」組16人が欠席するなど身内からの反乱もあり混迷を深めている菅内閣に、さらに次々と火の粉が降ってくる状態で、野党側は早期の衆院解散へむけ攻勢を強める構えだ。民主党内でも、小沢一郎・元代表の「政治とカネ」をめぐる処分問題で執行部に反発する勢力から、菅内閣の早期退陣を求める声が一層高まりそうだ。

「菅内閣が延命できる。かえって助かった」??

   また、前原氏が単なる閣僚ではなく、次期首相の有力候補だったことをめぐっては、「菅内閣の危機どころか『人材不足』民主党全体の危機」という指摘も出ている。一方、「有力候補が1人消えた」ことで、後継者がいなくなり、「菅内閣が延命できる。かえって助かった」とするうがった見方も民主党内には一部で出ているようだ。

   いずれにせよ、傷だらけの菅政権は「青息吐息」の状態にみえる。3月7日、情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、司会の小倉智昭さんは、前原氏辞任問題を受け、「日々どんどん悪くなってしまう気がしてしょうがないんですが」とあきれた様子で感想を述べていた。

   3月7日付の読売新聞朝刊が報じた世論調査結果によると、菅内閣の支持率は「発足以来最低」の24%だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中