塩釜神社で「花まつり」

印刷

   国の天然記念物「塩竃桜」で知られる宮城県の塩釜神社(塩釜市)で4月24日、氏子祭「花まつり」が開かれた。地元メディアによると、満開の桜の下で約50人の氏子が大神輿を担いで練り歩く勇壮な姿に、市民らから大きな拍手がわいた。今年は市内巡行と表坂202段の上り下りは中止された。

   陸奥の国の一宮、全国の塩釜(塩竃)神社の総本社。花まつりは豊作祈願のため、1778年に始まったといわれる。

   神社の氏子祭は、帆手祭(3月10日)と、この花まつり、みなと祭(7月の海の日)の3回。帆手祭の翌日に震災があり、多くの氏子が被災した。

   氏子祭の小島邦雄・祭典委員長も、専務を務める小島蒲鉾(おじまかまぼこ)店が津波で被災。自身も腰まで水に漬かりながら、難を逃れた。蒲鉾店は26日に営業を再開する。

   小島委員長は「7月のみなと祭は市内渡御を行い、塩釜が復興した姿を見せたい」と意欲を語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中