ソニーグループ会社にハッカー侵入 また情報流出の可能性

印刷

   ソニーは2011年5月3日、グループ会社でPC向けオンラインゲームサービスを手がけるソニー・オンラインエンタテインメント(米国カリフォルニア州)の管理するシステムが、ハッカーの侵入を受けたと発表した。顧客情報を違法に取得された可能性があり、謝罪した。

   セキュリティ会社とともに調査した結果、4月16日から17日にかけて、取得された可能性がある個人情報は、SOEアカウント(住所・氏名、ログインID/パスワードなど)が約2460万件、米国利用者のクレジット/デビットカードの番号と有効期限(クレジットカードセキュリティコードを除く)が約1万2700件、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン利用者の約1万700件のダイレクトデビットカードの購入履歴、口座番号、口座名義、顧客氏名、顧客住所。現在、サービスに関連する全てのサーバーを停止し対応にあたっている。

   なお、ソニーでは4月27日にも、プレイステーション向けオンラインサービス「PlayStation Network」と「Qriocity」に不正アクセスがあったと発表し謝罪している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中