ローソンとヤフー提携 スマフォビジネス「戦国時代」へ

印刷

   ローソンとYahoo! JAPANが2011年6月9日、スマートフォン事業での提携を発表した。ショッピングモールを新設し、専用アプリを共同開発してサービスを行うなど、売り上げ増に向けて大きく動いた。大手企業が続々参入するスマートフォンビジネス、果たしてどこまで拡大するのか。

「ネット通販は今後、スマートフォンがPCを超えて、主流になる可能性は十分ある。PCはデスクの前に座って使わなくてはならないが、スマートフォンなら移動中でも利用できる。スマートフォンの方が、利用者も接触時間も多くなるだろう」

地域情報に着目している

   記者会見でYahoo! JAPANの井上雅博社長は、こう話した。今回の提携で、ヤフーのネットサービスと、ローソンのリアル店舗とが連携。具体的には、ヤフーショッピングで扱う商品がローソン店頭でも買えるようになる。また、現在地だけでなく行きたい場所を検索すると、周辺情報を表示する位置情報サービス「Yahoo!ロコ」により、ローソンの店舗やセール情報などを表示する機能をもたせる。

   そして、ローソンが運営するECモール「Loppi(ロッピー)」で、8月からヤフーショッピングに出店している商品も購入できるようになり、12月までにスマートフォン向けアプリを公開。また、ヤフーIDをベースとする履歴(閲覧、検索、商品購入など)と、ローソンのポイントサービス「Ponta」会員の購買履歴を活用し、会員の了承を得たうえでキャンペーン案内などの情報を提供していく。

   ヤフーの井上社長は「今回の提携で主に使いたいのは、スマートフォン、スマートパッドの位置情報。とりわけ地域情報に着目している」。これまでは全国規模の情報がインターネットの主流だったが、今後はより身近な生活圏の情報が活用されていくだろう、と説明。インターネット上にこうした情報を載せれば、より生活が便利になるのでは、と期待を込めた。

   ローソンの新浪剛史社長も「(提携で)いろいろなデータが得られることを期待している。どんな商品を作ればいいか、ポスデータだけでなく、お客さまの声を取り入れたり、データを分析したりしながら新商品を開発したい」と語り、今後は、ヤフーと手を組むことでEコマースにも力を入れていきたい考えだ。

エイチ・アイ・エス、楽天トラベル、トヨタも

   すでに、スマートフォンを積極的にビジネス活用する動きは出はじめており、その幅は広がるばかりだ。

   エイチ・アイ・エスは6月8日、PCやモバイルからの予約数が増加していたことから、海外ホテル予約のスマートフォン専門サイト「H.I.S VACATION」をオープンした。海外ホテルの検索と予約、世界164都市のツアーの申し込み、レンタカーの空車状況の確認などが、スマートフォンの画面をタップするだけで簡単だ。

   楽天トラベルも6月末から順次、国内航空券と宿泊を組み合わせたパッケージ商品「JAL楽パック」と「ANA楽パック」の購入が、iPhone/androidスマートフォンでできるようになる。PCサイトの画面表示、インタフェースで閲覧ができ、全商品の閲覧と検索、予約が可能だ。PCで予約した内容をスマートフォンで確認、取り消しもできる。

   さらに、トヨタ自動車も5月23日、クラウドサービスを手がける米セールスフォース・ドットコムと提携し、クルマ向けSNS「トヨタフレンド」を構築すると発表。2012年に発売の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)に搭載を予定している。電池残量が減ったときに充電を促す情報を、利用者のスマートフォンやタブレットPCなどへ発信する使い方もできるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中