点字ブロックふさいで演説、支援者装って撮影&投稿→議員「顔覚えてますし、対応考えます」 これは果たして「脅迫」なのか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2024年6月7日に告示された沖縄県議選(定数48、16日投開票)で、Xに投稿された動画が波紋を広げている。立憲民主党の喜友名智子県議が行った街頭演説で、点字ブロックをふさいでいたとする指摘が、画像や動画とともにXに投稿された。投稿者は喜友名氏の支援者のふりをして撮影したとみられる。喜友名氏は不快感をあらわに、「顔覚えてますし、対応考えますね」とコメント。Xではこれが「脅迫にあたるのでは」などとして、批判する向きもある。

   投稿者の騙し討ちのような投稿と、喜友名氏の「脅迫」と指摘されるコメント。それぞれ法的に問題があるのか。弁護士に見解を聞いた。喜友名氏の事務所は、投開票日翌日以降に取材に応じるとする一方で、それより前に記事を掲載しないように要求した。

  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
    喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
    喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
    喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
    喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より
  • 喜友名智子氏のX(@KiyunaTomoko)より

騙し討ちの投稿に「端的に気持ち悪いです」

   投稿されたのは、6月8日の街頭演説の様子だ。喜友名氏は再選を目指している。枝野幸男衆院議員や玉城デニー県知事らが、喜友名氏の応援に駆け付けた。

   点字ブロックは歩道に止められた選挙カーとその前に立つ喜友名氏らの間にあり、ふさがれていることがわかる。動画では、喜友名氏やスタッフらが点字ブロックを踏んでいることも確認できた。また、「頑張ってください」という投稿者のものと思われる声が入っており、支援者のふりをして撮影したことがうかがえる。

   Xでは喜友名氏らへの批判の声が寄せられた一方、その場では好意的にふるまい、点字ブロックについて指摘せずにSNSに投稿した投稿者への疑問の声も寄せられた。

   喜友名氏はXでこれを引用。次のように投稿し、怒りをあらわにした。

「こうやって応援してるフリして握手しながら動画撮ったんですね。端的に気持ち悪いです。こうやって自分の動画が使われるのも吐き気がします。顔覚えてますし、対応考えますね」

   これが、Xでは「こわい」「脅迫にあたるのでは」などと批判が寄せられた。

   では、投稿者と喜友名氏、それぞれの行為に法的な問題はあるのか。J-CASTニュースは弁護士に聞いた。

姉妹サイト