「ほっしゃん。」ブログが炎上 「すべらない話」告白は「いじめ」

印刷

   大人気トーク番組「人志松本のすべらない話」でお笑い芸人の「ほっしゃん。」が、中学時代に同級生のメガネを鍋に入れて煮込んだ、と告白した。ところが、自身のブログのコメント欄に「イジメはヤメロ!」といった抗議が殺到し、ブログが炎上、コメント欄が閉鎖に追い込まれた。

   学校行事で毎年行われるキャンプでカレーを作る際、同級生のメガネを鍋に入れて煮込んだ。3年間続けたため、メガネのレンズが黄色くなり、まるで「グラサン(サングラス)」のようになった、というもの。収録会場は大爆笑に包まれた。

同級生のメガネをカレー鍋で3年煮込んだ

   「ほっしゃん。」が出演したのは2011年6月25日放送のフジテレビ系「人志松本のすべらない話 第20回記念大会」。お笑い界の人気者十数人が登場し「全て実話」の面白い話しを披露、チャンピオンを決めるという企画だった。「ほっしゃん。」は自分の番が来ると、中学時代のキャンプの話を披露した。

   キャンプでは3年間同級生と一緒にカレーを作って食べたが、1年の時にたまたま同じ班になった吹奏楽部部員の同級生がいて、彼のメガネをぐつぐつのカレー鍋の中に入れて長時間煮込んだ。すると、レンズにカレーが染みたのか、薄い黄色になった。そのメガネをカレーと一緒にライスの上にかけて同級生に渡した。

   体は大きいけれど真面目で大人しい生徒だった。黙って水道水でメガネを洗って、ムスッとした表情でカレーを食べる姿を見て、「めっちゃ面白かった」。

   2年の時は別のクラスだったが、キャンプの時にまたメガネをカレーで煮込んだ。3年連続で煮込んだため、「グラサン度」が増したはずなのだが、段階的に濃くなったため生徒や先生は気付かなかった。

コメント欄放送日の深夜に閉鎖

   そして3年の時に、新任の先生が吹奏楽部に赴任し、その時に事実が明るみに出てしまった。先生はメガネの生徒に「お前、形から入るな!」と注意した。「ほっしゃん。」は、

「先生はオシャレでメガネを使っていると勘違いした。結局、3年間グラサンくらいの色だったことがわかった」

と話すと、会場は大爆笑に包まれた。

   しかし、番組終了後から「ほっしゃん。」のブログのコメント欄に抗議のカキコミや、意味不明なAA(アスキーアート)や、解読不明な文章が大量に投稿され「炎上」。放送日の深夜にコメント欄が閉鎖に追い込まれてしまった。コメント欄には

「すべらない話、楽しみにしてたのに。単なるいじめじゃないんですか?」
「自分の子供が3年間こんなことされたら、どんな気持ちになるかわかりますか?」

などと書き込まれていた。「ほっしゃん。」は今のところ、ブログの更新はなく、「ツイッター」でも今回の炎上の件については触れていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中