「1%でも辞めないんじゃない?」 菅内閣支持率、また最低を更新

印刷

   菅内閣の支持率がまた最低を更新した。2011年7月14日に時事通信が発表した世論調査結果では、内閣支持率は12.5%。前月から9.4ポイントも下落して、09年9月の政権交代以降最低の数字となった。

   不支持率も11.6ポイント増の71.2パーセント。調査は7月7日から10日にかけて行われた。

支持率2割以下「危険水域」ばかり

菅内閣はどうなる!?
菅内閣はどうなる!?

   菅首相が自身の退陣時期を依然明らかにしていないことについては「納得できる」が18.6%なのに対して「納得できない」が68.7%。今後、菅首相に望む行動も「直ちに退陣」が37.6%で最も多く、「引き続き政権運営に当たる」は11.4%しかいなかった。

   菅首相への不信感に加え、被災地への「暴言」で松本龍前復興担当相が就任後数日で辞任したことなどが大きく影響したと見られている。

   菅内閣の支持率はこれ以外も、この数日発表されたものはひどい数字ばかりだ。朝日新聞調査では前月比7ポイントダウンで15%。NHKも同9ポイントダウンで16%、NNN(日本テレビ系列)も16.1%だった。「危険水域」と言われる2割以下がもはや当たり前という感じだ。

「まだ12.5%もあるのにビックリ」

   NNNの調査では、菅首相の原発をめぐる安全確保の取り組みについて、「明確な考えに基づく」と答えた人は10.5%だけで、「場当たり的」と答えた人は71.9%にも上った。菅首相の13日の「脱原発」会見は反映されていないが、今後のエネルギー政策についてもしっかりとリーダーシップをとれるかどうか期待が持てない数字だ。

   ヤフーニュースに配信された時事通信の記事にも「まだ12.5もあるのにビックリ」「支持率1%でも辞めないんじゃない?」といった厳しいコメントが多数付いている。

   世論から見限られた感じの菅内閣。報道によると、枝野幸男官房長官が7月14日の午後の会見で支持率について触れ、「国民から大変厳しい声をいただいていることについては、真摯(しんし)に受け止めなくてはいけないと思っている」と語ったということだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中