電車内で女性の「寝顔」「胸元」を無断撮影 これで逮捕・実名報道は厳しすぎる?

印刷

   深夜の電車内で女性の寝顔や胸元を勝手に撮ったとして、千葉県警が会社員男性(46)を県迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕したことに、ネット上で疑問の声が上がっている。

   これが「盗撮」とされるのなら、ビーチに寝転ぶ女性を撮っただけでダメなのか、逮捕されてしまうのかと。

「厳重注意でよかったのでは」

読売は容疑者を匿名に変更
読売は容疑者を匿名に変更
「かわいかったので撮ってしまった」

   2011年9月4日深夜に逮捕された会社員男性は、県警松戸署の調べに対し、こう供述したという。

   「盗撮」があったのは、JR常磐線・北千住―松戸駅間の下り快速電車内だった。この男性は、右隣に座って寝ていた女子専門学校生(24)の顔や胸元などの上半身を携帯電話のカメラを使って無断で撮った。女性がカメラのシャッター音に気づき、男性を問い詰めて警察に突き出した。

   松戸署では、この「盗撮」行為は、条例の3条2項の違反に当たるとした。そこでは、「公共の場所又は公共の乗物において、女子を著しく羞恥させ、又は女子に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない」とうたわれている。男子への行為も同様に違反とされている。

   男性の携帯電話内には、ほかにも身元がすぐに分からない別の女性の写真が見つかっており、松戸署で余罪がないかどうかを調べている。

   男性の逮捕が新聞やテレビで報じられると、ネット上では、その妥当性について疑問の声が相次いだ。2ちゃんねるでも、スレッドが次々に立っており、「犯罪なの?????」「これがアウトならテレビが一般市民を映してるのもアウトだろ」「逮捕はやりすぎ厳重注意でよかったのでは」といった書き込みが続いている。

   もっとも、「ニヤニヤしながら勝手に取られたりしたら男でも嫌だろ?」と無断撮影そのものについては、首をひねる向きもあるようだ。

   「寝顔」「胸元」を勝手に撮ると、どんなときでも違反になるのか。

警察強調「女性は気持ち悪く感じた」

   取材に対し、松戸署の副署長は、男性の行為について、こう説明する。

「男性は、うたた寝をしていた女性のすぐ脇に、わざと座りに来ていました。それでいきなり顔や胸元を写真に撮り始めたので、女性も気持ち悪く感じました。当事者としては、羞恥心を感じ、不安でしょうし、いやらしいと思ったということです」

   胸元を開けるような行為はしていないが、もしそうしていれば痴漢になるという。

   それでは、ビーチで寝転ぶビキニ姿の女性を勝手に撮るような場合はどうか。

   この点については、「普通に写真を撮るときのように、女性から同意をもらえるような行為なら、違反にはなりません。それは、いやらしい目的とは違うからです」と副署長は言う。

   男性を任意調べせずに逮捕した理由は、携帯電話内の写真を消すなどの証拠隠滅行為や逃走の恐れがあったからだとしている。

   一方、今回の逮捕では、テレビや新聞が男性の実名や会社名までも出して報じた。ネットでは、こうした報道のあり方にも疑問の声が出ている。

   読売新聞は、サイト上の記事で当初はそうしていたが、その日のうちに匿名に切り替えた。読者の声を受けて軌道修正したのかなどについて、東京本社広報部では、「記事掲載の経緯は従来お答えしておりません」とコメントしている。

   また、TBS系JNNニュースは、実名や一部会社名を挙げて放送していた。匿名にしなかった理由について、TBS広報部では、「JNNでは、事件報道は実名を原則としております」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中