スズキ、VWとの業務・資本提携を解消

印刷

   スズキは、フォルクスワーゲンAGとの業務・資本提携を解消することを2011年9月12日の取締役会で正式決定し、発表した。

   両社は09年12月に契約を締結。この2年弱、資本関係などについて協議してきたが、スズキへの経営関与を強めようとするフォルクスワーゲンAGと、「対等の関係」を強調するスズキとの対立が深まった。

   スズキによると、株式の相互保有について、スズキの議決権総数の19.89%という出資比率では、フォルクスワーゲンAGが100%近い議決権を有するVWグループ会社と同等またはそれ以上の技術的支援をフォルクスワーゲンAGから受けることは困難と判断した、としている。

   都内で記者会見したスズキの鈴木修会長兼社長は「自主独立を曲げてまで、提携関係を続けていれば、スズキの足かせになる」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中