改革派官僚・古賀茂明氏が退職

印刷

   「改革派官僚」として知られる経済産業省の大臣官房付、古賀茂明氏(56)が2011年9月26日、退職した。同日朝、同省の安達健祐・事務次官から退職の辞令を受け取った。

   古賀氏は報道陣に対し、今後は改革に取り組む国会議員や地方自治体を応援したい、と話した。再就職先は未定という。

   古賀氏は、国家公務員制度改革に審議官として取り組んだが、霞ヶ関内の強い反発を受け、09年末から「異動待機ポスト」の官房付に留め置かれていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中