世界最高の「リッター40キロ」 トヨタHV技術の底力見せつける

印刷

   トヨタ自動車が2011年12月の東京モーターショーでお披露目するとみられている「スモール・ハイブリッドカー」(プリウスC)の概要が明らかになってきた。

   新車名は「アクア」。東日本大震災の被災地・東北を生産拠点とし、燃費性能は実燃費に近い新しい測定基準のJC08モードで1リットルあたり40キロ弱になる見通し。この夏以降、「リッター30キロ」を走る低燃費ガソリン車が話題をさらったが、それを凌ぐ燃費性能はトヨタの看板HV車の「プリウス」をも上回り世界最高となる。

低燃費競争で「トップ」を走る

世界最高の「リッター40キロ」を実現!(写真は、2011北米国際オートショーでトヨタが発表したコンセプトカー「プリウスC」)
世界最高の「リッター40キロ」を実現!(写真は、2011北米国際オートショーでトヨタが発表したコンセプトカー「プリウスC」)

   マツダが2011年6月に発売した新型デミオ(JC08モード基準でリッター25キロ)や、9月20日発売したばかりのダイハツの新型軽自動車「ミラ イース」(同30キロ)と、HV車に劣らぬ低燃費ガソリン車の発売が続くなかで、トヨタは早ければ2012年1月にも「リッター40キロ弱」を走るスモールHV車の「アクア」を投入。激しくなる低燃費競争で巻き返しを図る。

   低燃費競争でトヨタは、09年に発売した「3代目」プリウスがJC08モードで「リッター32.6キロ」を達成している。ところが、そこに軽自動車とはいえ、「リッター30キロ」のガソリン車が登場。低燃費競争でHV車の優位性は失われつつあった。

   一方、価格面では、ホンダが2010年10月に発売した「フィット ハイブリッド」が159万円からということもあり、「アクア」の販売価格は100万円台後半、プリウスよりも約30万円安い170万円前後という見方が有力だ。

プリウスはどうなるのか

   気になるのが、これまでトヨタの「看板」を背負ってきた「プリウス」のゆくえだ。プリウスの国内販売台数は2011年8月末の累計で約102万台となり、100万台を突破。世界販売台数は約236万台に達している。

   この5月には最大7人乗りのワゴンタイプ「プリウス アルファ」を発売。さらにスモールHV車の「アクア」を投入することで、HV車のバリエーションを増やしてユーザーの底上げを図る作戦のようだ。

   とはいえ、プリウスよりも燃費性能がよくて、しかも価格が安い「アクア」の人気がプリウスを上回ることは十分に考えられる。しかも、「アクア」には「プリウス」の冠を付けないらしい。

   これまでプリウスは「環境にやさしい エコカー」を前面に押し出してきたことや、販売価格が高価だったことから、富裕層を中心に売れた。「アクア」をプリウスの小型車としてではなく、プリウスもつ「敷居の高さ」を取り除くことで、若者や女性層を取り込みたいという思惑がありそうだ。

   トヨタは「アクア」やプリウスの販売戦略について、「将来の商品計画にかかわることなのでお答えできない」としながらも、「プリウスはこれまで通り、継続的に販売していきます」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中