「ヘキサゴン」卒業で涙 「紳助さん」への思いか、仕事激減への不安か

印刷

   フジテレビのバラエティー番組「クイズ!ヘキサゴンII」が、2011年9月28日をもって終了した。

   司会の島田紳助さんが出演者の珍解答を面白おかしく取り上げることで一躍人気番組となったが、島田さんの芸能界引退に伴い、打ち切りが決まっていた。この番組で育ち、メジャーになったタレントたちは今後どうなるのだろうか。

「おバカタレント」たちでブレーク

   もともとは「クイズ!ヘキサゴン」というタイトルで、02年に深夜のクイズ番組としてスタートした。6人の出場者がクイズバトルを繰り広げるというもので、クイズに正解する以外に駆け引きや戦略が必要となるため、「知識の格闘技」とも呼ばれた。

   03年4月にゴールデンタイムに移行し、島田さんの要望によって番組のテコ入れが行われ、05年10月にリニューアル。「おバカタレント」をクローズアップするようになってから、関東地区で最高視聴率23.5%、関西地区で29.6%をマークし、高視聴率番組の仲間入りを果たした。上地雄輔さんや木下優樹菜さん、スザンヌさんなど、この番組をきっかけに有名になったタレントも多い。

   しかし暴力団関係者らとの不適切な関係が問題となり、島田さんは11年8月23日に芸能界引退を発表。「紳助色」の強かった「ヘキサゴン」も放送打ち切りを余儀なくされた。

   最終回は「卒業式」と銘打って、出演者が1人ずつあいさつ。感極まって声を詰まらせる主要メンバーも多かったが、「紳助」の名前は出なかった。唯一トリを務めたつるの剛士さんが、「今ここにいらっしゃらない、いろんな歴史を作ってくれたタレントさんがいる」と、島田さんを思わせる発言をしただけだった。

番組終了で失業状態のタレントも?

   インターネットでは、「昨日のヘキサゴン見たら泣けた」「マンネリ化気味だったけどやっぱ寂しい」などのファンの意見と、「宗教みたいな番組だったな 終了おめ」「くだらない番組がまた一つ減って嬉しい」などアンチの意見が飛び交っている。

   「まともに仕事ある奴何人いるかな?」「山田弟(山田親太朗)とか里田は確実に終了だな」といった、番組によってブレークしたタレントの行く末を心配する声もある。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、

「テレビ業界に『紳助排除』の動きがあるので、引退の件で島田さんを擁護する発言をしたような『紳助色』の強いタレントは、今後使い道はないだろう。テレビ番組は入れ替わりが激しいので、島田さんの引退と同時に『ヘキサゴンファミリー』も出番がなくなる運命だと思う。実力があれば生き残れるだろうけれど」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中