ミナミマグロ漁獲枠を緩和、日本の割り当ては48%増

印刷

   日本、オーストラリアなどミナミマグロの主要漁業国・地域が加盟する資源管理機関「みなみまぐろ保存委員会」は2011年10月13日、ミナミマグロの漁獲枠を2012年から14年にかけ、段階的に引き上げることを決めた。

   若いマグロが増えるなど資源状況が改善したことを受けたもので、14年の総漁獲量は11年から31%増の1万2449トンとなる。日本の割り当ては3366トンで、11年の2261トンから48%増加する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中