野田首相、沖縄知事らと会談 普天間めぐり初

印刷

   野田佳彦首相は2011年10月27日、沖縄県の仲井真弘多知事と稲嶺進・名護市長らと首相官邸で、首相就任後初めて会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移転問題について、野田首相は、年内に環境影響評価(アセスメント)の評価書を県に提出する方針を説明。仲井真知事は「極めて残念」と遺憾の意を伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中