オバマ大統領ツイッター「炎上させよう」 TPP参加巡る抗議活動が思わぬ展開

印刷

   米・オバマ大統領の「ツイッター」を炎上させようーーそんな呼び掛けが2011年11月10日、「ツイッター」で起きた。大統領の「ツイッター」に大量のメッセージを送り、日本のTPP(環太平洋パートナーシップ協定) 参加阻止に向け圧力をかけたい、というのが狙いだそうだ。

   メッセージを一斉に送る第一回目は、11年11月10日23時にスタートしたが、1時間で千数百以上ものメッセージが送られたことが検索で確認された。第二回目は11月11日23時スタートで、これから毎日同時間に行われるという。

「あなたは誠実な日本人を殺そうとしている」

   「オバマのツイッター大炎上作戦」と銘打たれた抗議活動は、オバマ大統領へのツィート先を提示し、TPP参加が強行された場合は日本人が反米化する危険性があることを訴えようと始まった。例文として「Most Japanese against TPP! Japanese is angry!」を掲げたが、抗議文は日本語でもOKとした。そして、こうした抗議活動があることを「ツイッター」で拡散して欲しいと呼び掛けた。

   第一回目は10日23時スタートとしたが、フライングで15分ほど前からメッセージを送る人も出た。抗議活動に賛同した人は、

「TPP反対!!!アメリカ大嫌い!!!!これ以上日本人を苦しめたら許さない!!!あなたは謙虚で優しくて誠実な日本人を殺そうとしている」
「地震や放射能により日本は弱りきっています。反対派も多く、まともに議論や説明のない現状のTPP参加意向に怒り浸透しています!」
「何でもアメリカの好き勝手にできると思わないように。日本はアメリカのお金儲け雇用拡大のための市場ではありません。TPP参加反対」

といったメッセージを送った。

野田首相や民主党議員に抗議せよ、という意見も

   メッセージの数を検索すると、おおよそだが10日23時から1時間ほどで千数百あり、11日に入ってもメッセージが途切れることはなかった。今後は毎日23時にオバマ大統領宛に、TPP参加反対のメッセージを送る計画になっている。

   ネットでは11日、こうした抗議活動が行われていることを初めて知ったという人がいて、「私も今日から参加したい」などといった書き込みが掲示板などに多く見られる。一方で、これは無意味だ、とする意見も少なからずあり、

「野田首相や民主党議員をターゲットにするべき。オバマは関係ない」
「炎上させようなんていう行為は、日本の恥さらしそのものだ」
「英文のメッセージに誤字、文法の間違いが多すぎて、誤解されているのでは?」

などといった冷ややかな意見も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中