「オセロ中島は3年前から異変」 先輩芸人TKOが告白

印刷

   お笑いコンビ「オセロ」の中島知子さん(40)が女性占い師にマインドコントロールされるなどして連絡が取れなくなっている問題で、所属事務所「松竹芸能」で先輩芸人にあたるTKOの2人が2012年2月19日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、中島さんとは3年前から連絡が取れなくなっていたことを告白した。その上で、「中島は、本当に被害者。本当に助け出してほしい」などと早期救出を訴えた。

「メディアで情報をあぶり出して」

   TKOの木本武宏さん(40)は、

「だんだんメールの返信がなくなってきたり、ちょっとおかしくなってきたのが3年前」

と、3年前から連絡が取れなくなっていることを明かした上で、木下隆行さん(40)は、

「いや、もう、(連絡が取れなくなる前は)仲良かったです。僕らが東京に来たのは、中島が『おいで、おいで』みたいに(誘ってくれた)。僕らはオセロのバーター(抱き合わせ)で色々番組に出させてもらって…。感謝、感謝」

と、中島さんへの恩義を口にした。

   中島さんは自宅や個人事務所名義のマンションの家賃を滞納しており、大家から立ち退きや家賃の支払いを求めて提訴されている。これに対して、中島さん側は

「自宅マンションが盗難被害にあい、警察から引っ越さないように言われた。盗難被害について、警視総監に相談している」

などと荒唐無稽な主張を展開したとされる。

「こういうやつだとは思われたくない」

   この点についても、木本さんは

「こんなやつじゃないし、本当に常識的なやつだし、本当に松竹芸能で、みんなの面倒を見ていたようなしっかりしたやつだった。本当に『マインドコントロールでおかしくなっている』という状態。もともと、こういうやつだとは思われたくない。それだけは言っておきたい」

と、中島さんをかばった。その上で、

「法律では何ともできない問題だと聞いた。(問題が発覚した)当時、報道される前は『手の打ちようがない』という話しになっていた。そこまでは僕らも聞いていた。僕たちが逆に願っていたのは、こうやって報道されて、メディアとかで情報をあぶり出してもらって、言葉は汚いんですけれども、追い詰めていただいた方が…。中島は、本当に被害者ですから。本当に助け出してほしいというのが僕らの正直な気持ち」
「(所属事務所の)松竹芸能は中島が帰ってくることしか考えてないんですよ。そういうことは、僕ら所属芸人が言わないと、誰も言わない。だから、それだけ言わせてほしい」

なとどと訴えた。

   また、司会の和田アキ子さんは、11年に中島さんを食事に誘った際のやりとりで、様子がおかしいと思ったことを明らかにした。

   中島さんは「友達連れて行っていいですか?」と聞いたが、芸能人ではない一般人だったことから、和田さんは

「一般の人は気を使うからあかんねん。ちょっと考えて」

と再考を求めた。それでも中島さんは「編集長をやってたんですけど…」と、再び同席を求めたことから、和田さんは

「編集長やってても、初めての人とはメシ食えない」

と、会食をセッティングすることを断念したという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中