「美坊主図鑑」マスコミも女性も注目 イケメン、癒し系、クリーミー系ら東西僧侶40人

印刷

   魅力的な「僧侶」をフィーチャーした書籍が注目を集めている。今、僧侶が癒しを求める女性に人気なのだそうで、出版社には問い合わせが殺到しているという。

   書籍のタイトルは「美坊主図鑑」(廣済堂出版)。2012年2月末に出版された。著者は「日本美坊主愛好会」。「イケメンから癒し系、クリーミー系まで東西僧侶40人」とサブタイトルが付いている。

「下北沢系元俳優BOZE」「高野山のラブリー系」

本書に登場する高尾山薬王院の佐藤秀仁氏(41)。2003年、NYグラウンドゼロの法要ではホラ貝を吹いた。(撮影 笹沢賢一)
本書に登場する高尾山薬王院の佐藤秀仁氏(41)。2003年、NYグラウンドゼロの法要ではホラ貝を吹いた。(撮影 笹沢賢一)

   これまで寺社仏閣巡りなどをテーマにした書籍はたくさんあったが、現役の僧侶を扱った書籍というのは珍しい。前書きによると震災後、自分の将来などに不安を持つ女性が増えている。「お坊さんは、身近なあなたのカウンセラー」とし、日本全国の「イケメンお坊さん」「お兄さん系お坊さん」を紹介している。「会いに行ける僧侶」ということなのだろう。

   20代から40代までの比較的若い世代が多く、浄土真宗や真言宗、日蓮宗などの僧侶が登場する。「高野山の下北沢系元俳優BOZE」「航空自衛隊出身のクリーミー系」「ボクサー兼僧侶」「写経を教える高野山のラブリー系」「落語と映画を愛する近江のイケメン僧侶」と、興味深いキャッチフレーズが並ぶ。

   僧侶だといっても、元々は普通の人間だ。高野山真言宗の僧侶(29歳)は、趣味がギター。メタリカやスレイヤーといった激しいスラッシュメタルが大好きなのだそうだ。僧侶になる前は、ピンク色の長髪だったという。ほかにも、元建築士で、iPhone、iPadなどのアップル製品が大好き僧侶や、趣味が宝塚観劇という僧侶もいる。

早くもお姉系タレントのTV番組に出演決定

   僧侶たちの語る言葉も、決して難解なものではない。「裕福になること、生活が楽になることが即幸せにはつながりません」「相手に愛情を求めてばかりいては、本当の愛は得られません」など、余裕がなくなっている今の世の中だからこそ必要な言葉ばかりだ。

   廣済堂出版の担当者によると、この1~2年、女性の婚活市場で経済的に安定している僧侶が注目を集めている。「草食系男子」のような癒し部分もあるのが魅力なのだそうだ。

   書籍を作るに当たっては、僧侶に登場してもらうのが大変だったという。

「仏教というのは凄いヒエラルキーの強い世界。本人が出たくても出られない宗派もありました。たくさん断られましたね」

と語る。発売されてからは、新聞やテレビなど、マスコミからの問い合わせが殺到しているという。初版1万部で、早くも増刷が決定した。

   また、イケメン僧侶はゲイの人々にも受けがいいようだ。本書に登場した僧侶にテレビ局からオファーがあり、お姉系タレントの出演する番組に出演が決定したという。

「僧侶の方々の中には元々、音楽をやっていたり、作家になりたかったりという人もいる。そういう人の活躍の場が増えるのは嬉しいですね。そこから第二の小池龍之介さんが出てくるかも知れません」

と廣済堂出版の担当者は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中