原発避難民「働かず、パチンコ店満員」 福島県いわき市長の「正直発言」が波紋

印刷

   「東京電力から賠償金を受け、多くの人が働いていない。パチンコ店もすべて満員だ」。福島県いわき市の渡辺敬夫市長が、原発事故で市内に避難している人たちについて記者団にこう述べたと、地元紙に報じられた。これに対し、避難民側の町役場では、働かないのには事情があると説明している。

   週刊誌などで報道されていたことを、渡辺敬夫市長がある程度認めた形になった。

東電から多額の賠償金をもらう

市長発言が話題に
市長発言が話題に

   河北新報などによると、渡辺市長の発言が飛び出したのは、2012年4月9日に平野達男復興相と会談した後のことだった。

   いわき市には、北側に隣接している大熊町や双葉町など双葉郡から、住民約2万3000人が避難している。こうした人たちは、市内の仮設住宅や民間の借り上げ住宅に入居中だ。河北新報の記事では、多額の賠償金などをもらって働かない人たちについて、いわき市民に感情的なわだかまりがあるとして、渡辺市長の発言はそのことを憂慮したものだと説明している。

   毎日新聞も、渡辺市長が「飲食店やパチンコ店まで避難者であふれ『働いていないのにサービスばかり受けている』という市民の不満がさらに大きくなるのが心配」と漏らしたと伝えた。

   渡辺市長の発言は、避難している人たちの実態をどこまで反映しているのか。

   いわき市のある保守系市議は、取材に対し、こう証言した。

「確かに、市内のパチンコ店はどこも満杯だと聞きますね。避難民が来てから、それが現実になりました。働いていないと、行く場所があまりないのでしょう。さらに、飲食店やコンビニなども、いつもすごく人が多いですよ」

   また、別の市議も「パチンコなどは、どこも混んでいると言う方は結構いますね。確かに人が増えたので、そういう傾向になるのでしょう」と明かす。一方で、「騒ぐほど満員というほどではないと思います」と話す市議もいたが、総じて人が増えていることは認めた。

「アルバイトぐらいしかない」

   もしパチンコ店などで人が増えているとすると、避難している人たちが働いていないケースが多いことが考えられる。その背景には、やはり東電から支給される多額の賠償金などがあると、前出の保守系市議は言う。

「ある会社社長が避難民の方に『雇ってもいいですよ』と言うと、『就職すると賠償金が出なくなる』と断られたと聞きます。また、マンションに住む避難民の夫婦は、夫の代わりに妻が働いており、そのため賠償金や給料で月に50万円の生活費があり、少なくとも困った感じではないです。働いていない避難民の方は、時間が余っているのか、昼間から近所をジョギングなどしていますね」

   人が増えると、様々な問題も出てくるようだ。

   河北新報によると、渡辺敬夫市長は、「避難者は医療費が無料なので、市内の医療機関は大変な患者数」だとして、市民の受診に支障が出るのを心配していた。この点について、市議は「病院に行くと今までは顔見知りばかりでしたが、知らない方々がたくさん来ておられますね」と認めた。

「入居者が増えて、市内の賃貸物件は、ほとんどなくなっています。『住むところがなくて結婚できない』と泣いていたカップルもいました。市がゴミの収集や焼却もしていますので、『オレらの税金が使われている』と漏らす人もいましたね」

   いわき市には、避難してきた人たちの「仮の町」構想も出ているが、渡辺市長は、復興相との会談で、いつまで住むのかのロードマップがないと受け入れられないと訴えた。前出の市議も「市民にとってどんな負担があるのかがはっきりせず、いずれ働き先を巡って取り合いになる心配もあるので、国が雇用の拡大などの施策を行うべきだ」と注文をつけた。

   渡辺市長らの指摘について、大熊町の災害対策本部では、こう説明する。

「4、50歳以上になると、ほとんど仕事がないんですよ。アルバイトぐらいしかないのに、働けば、失業保険も切られてしまいます。これでは、生活費が出ない人が多いんです。パチンコの話は確かに聞きますが、ほかに何もできないこともあるのでは。やはり、国には、新たな就業の場を作るなど被災者対策をしっかりやってほしいですね」
エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
166
結局 2015/5/22 09:30

いきさつはどうあれ、瞬間的にまとまったお金を得た人は、毎日せっせと働いて得た給料で生活していた暮らしには戻れない。
宝くじで当たった人も、給付金を受け取った人も。
どちらでも、自立心をなくしたくない人は働き続ける努力をする。

原発地域の人達のこういった行動。
もともと原発がるということで国から色々と補助を受けていた地域。収入的な恩恵は相当なもの。
それが地震によって滅茶苦茶になり国に賠償を求めてた。
私自身、さんざん良い思いをしたくせに…。という気持ちがないわけではない。ただたくさんの人が亡くなったのも事実なのでそれは胸にしまう。
東京や埼玉その他でも亡くなった人がいるが補償金は出てない。
だからって補償金でパチンコしてたら悪質なナマポといっしょでしょ。あの人達も暇だからパチンコしてんだから

165
勝手に戻って汚染されろ 2015/3/12 04:00

<<164 引きこもれ。そして二度と外に出るな。視界に入らないだけそのほうがましだ

164
いつかは戻れるかも 2015/3/11 15:47

と思って、避難先でバイトして待とうとすると、
補償金もらってるくせに働かなくてもいいんじゃないというようなことを言うヤツラがいる。
ただでさえ仕事ないんだから、補償金もらってる人は遠慮すればいいのに、というようなことを言う津波だけの被災者もいる。
遠慮して暇を持て余し、気分転換にパチンコに行くと、また影口をたたくやつらがいる。
引きこもれというのだろうか?
原発被災者は、家が朽ちて行くのを遠くから悲しい思い出眺めるだけ。帰れない。
新しい生活をと踏ん切りをつけて家を買ったり、引っ越して、仕事を探すと、補償金もらってるんでしょと妬まれる。
先祖代々の家に帰れない代償として仕方なく受け取ってるお金なのに。
気の毒すぎると思う。思いやりもないのかな。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

36年後の続報、自殺した試験管ベイビー第2号医学者の遅すぎる名誉回復

J-CASTニュース9周年を記念した、ワンクリック投票企画。ぜひご参加ください!

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

問題を解決したくない人は、原因を他人のせいにする。

東洋運命学