「男性の年収600万、専業主婦希望」 40歳婚活女性「そんなに高望み?」

印刷

   「40歳の婚活で私が出した条件は、そんなに高望みですか?」。読売新聞のQ&Aサイト「発言小町」に女性が投稿したこんな疑問が、ネット上で論議を呼んでいる。

   女性のまりさんは、2012年5月11日に発言小町に投稿した。それから、このトピックは大きな反響を呼び、受け付け終了までに559ものレスが寄せられている。

ネット上は、女性の条件に否定的

投稿が大反響
投稿が大反響

   投稿によると、まりさんは、派遣社員をしながら、婚活サイトやパーティーなどで10年ほど婚活している。友人のAさんから、高望み過ぎるようなことを言われてモヤモヤした気持ちになり、質問してみることにしたと明かした。

   自己申告では、大きめの地方都市にある実家におり、年収は280万円。身長は163センチ、細身、色白、肌がきれい、かわいらしい顔立ちだそうだ。実年齢より若く、32~35歳ぐらいに見えると言われるという。

   そのまりさんが出した条件は、次のようなものだ。

   相手男性の希望は、40~46歳ぐらい。年収は、地方都市で600万円、できれば800万円がほしいとした。本人は、専業主婦希望で、妥協しても週3回のパートが限界だという。服や化粧品、友だち付き合いに、計3万5000円ほど出してもらうことも希望した。さらに、自営ではなくサラリーマン、オッサンぽくないこと、親と同居や田舎暮らし、子どもがいる人は不可、話が面白い、といった条件も挙げられた。ただ、年齢的に子どもは望まないとしている。

   この投稿に寄せられたレスを見ると、ほとんどがまりさんの条件に否定的だった。

   「そんな条件ならとっくに結婚しているか、離婚もしないで幸せな家庭を築いている」「望む男性のスペックならば、30歳くらいの女性が先に手を上げる」「40歳でも松嶋菜々子さんくらい綺麗だったらそのような条件の人でも結婚できる」「今のままなら、更に10年後も婚活してるのでは」…

年収希望500万円に下げても難しい?

   投稿へのレスには、まりさんは条件や言い方を変えるべきだとの意見も多かった。「贅沢したければ、専業主婦なんて甘いこと言わずに働き続ければ良い」「『退職するつもりですがパートは続けて家計を助けるつもりです』という言い方なら好感度高いのでは?」といったものだ。

   まりさんは、説明を補うため、投稿後に自ら追加のレスをしている。

   そこで、自らについて、見た目やスタイルもよいなどとして、条件に見合うことを強調した。婚活パーティーに参加すると、毎回申し込みを受け、30~40歳のときに男性6人と長くて1年間付き合っていたという。

   友人のAさんから、これまで10人ほど紹介してもらったものの、条件が違うと断っていたとも明かした。これに対し、Aさんは、年収600万円以上希望では出会いが少なくなり、子どもを望まないなら共働きで目指してもいいのではとし、まりさんに、譲れないポイントも絞るように勧めたという。

   今回の投稿では、否定的なレスが多かったこともあり、まりさんは、今後は妥協して条件を変えると明かした。年収希望は500万円に引き下げ、年齢の上限も49歳までに延ばした。また、服などの費用は月2万円、一般的な会話力の男性、子どもは授かれば産む、などとしている。まりさんは、この見直した条件で、Aさんに再び紹介をお願いするそうだ。

   それでも、ネット上の意見は厳しい。ある大手結婚情報サービス会社の担当者も、同様な見方をしている。「ご希望することはよろしいと思いますが、あれだけ条件が付いたままでは、実際に結婚までたどり着くのは難しいと思います」とのことだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中