AKB選抜総選挙「速報」に一喜一憂 小嶋陽菜、光宗薫が出遅れる

印刷

   2012年5月22日に投票がスタートした「第4回AKB48選抜総選挙」の開票速報が、5月23日のAKB48劇場公演終了後に発表された。

   例年速報と最終順位は大きく異なる結果となっているが、今年の速報順位ではこれまでの総選挙で圏外だったメンバーの名前も並んでいる。苦汁をなめてきたメンバーに光が当たることはあるのか、ファンの力が試されている。

上位メンバーのファンも「油断大敵!」

上位は「超選抜メンバー」が占めている
上位は「超選抜メンバー」が占めている

   速報によると、1位は過去3回の総選挙でセンターの座を前田敦子さんと争ってきた大島優子さん(1万5093票)。2位は前回3位の柏木由紀さん(1万2654人)、3位は前回5位の渡辺麻友さん(1万1329票)だ。前回9位から4位に上がった指原莉乃さん(9337票)のほかは、順当な結果だと思われる。

   前回は速報で1位だった大島さんが最終的に2位、2位だった前田さんが1位になったり、速報10位だった小嶋陽菜さんが6位まで上げる、逆に4位だった高橋みなみさんは7位まで下げたりと順位が大きく変動している。また、1位の前田さんの速報時点での得票数は1万6452票だが、最終的には13万9892票を獲得している。速報発表から開票日まではかなり多くの票が動くため、当然速報通りの結果とはならない。上位につけているメンバーのファンも「油断大敵。去年の悔しさを思い出せ」「下との差がほとんどない!」など危機感を募らせ、さらに投票に力を入れようとしている人が多い。

圏外から爆上げ「こうなりゃ欲が出てくる」

   そんな中、前回順位から「爆上げ」しているメンバー、圏外から選抜入りを果たしているメンバーのファンがひときわ盛り上がっている。

   前回22位でアンダーガールズのセンターを務めた梅田彩佳さんは、表題曲を歌える14位にランクインした。2ちゃんねるの応援スレッドでは「推しでありながらビックリした」「梅ちゃん、億万長者のファンでもついたか」「とりあえず祝杯だ」などと予想外の結果に驚きつつ、早くもお祝いムードが漂っている。圏外から22位にジャンプアップした島崎遥香さんのファンは「これは良い位置」「速報とはいえ22位は嬉しい!」と喜びつつ、「こうなりゃ欲がでてくるもの 16位以内も夢じゃないぞ!」とまだ上を目指すという雰囲気だ。

   同じく前回圏外だった仲谷明香さんは36位につけた。「今は少し欲を出しても神様は許してくれるよ。そしてなかやんを更なる上位へ推し挙げよう!」「『スポットライトがこんなに眩しいなんて』となかやんを嬉し泣きさせてやる」と、なごやかな雰囲気ながらファンの貪欲さがうかがえる。

これからごぼう抜きだと意気込む

   一方出遅れているメンバーのファンは深刻だ。前回6位の小嶋陽菜さんは速報で11位。ファンは「あっちゃんヲタに頼め、いやそれはやめろ」「正直AKB6年半の中で一番の正念場だな」などと書き込んでいる。中には「指原に負けるとか屈辱すぎるだろ」と荒んでいる人もいる。本人もツイッターで「どうしよう。。。毎年毎年心配かけて本当にごめんなさい!」「このままは嫌だな」とツイートしている。

   注目度が高かった13期研究生の光宗薫さんもふたを開けてみれば圏外だが、ファンは「逆に考えるんだ。速報に入ってるヲタには油断が生まれるからな」「速報に載ってるメンバーをどこまでごぼう抜き出来るかそれが楽しみじゃないか」と前向きだ。

   どのメンバーのファンも一喜一憂しつつ、「気を抜くな」「まだまだこれから」という気持ちで臨んでいる。6月6日の開票までに例年以上の数の票が動くことは間違いなさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中