「23年間、片思いをしている人」 香川真司が長澤まさみに仰天ラブコール

印刷

   サッカー日本代表の香川真司選手(23)が、女優の長澤まさみさん(25)にテレビ番組で公開ラブコールをして、話題になっている。大ファンだというが、果たしてまさみさんの反応は――。

   W杯アジア最終予選3連戦で活躍した海外組の選手らは、シーズンオフで久しぶりの日本滞在を楽しんでいるようだ。

バラエティ番組で「一緒に食事にでも」

会う選択はある?
会う選択はある?

   香川真司選手は、その合間を縫って2012年6月21日夜放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演した。英名門マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まり、香川選手は番組内で、ルーニー選手らと張り合ってトップ下で活躍したいと抱負を明かした。

   そして、女性の方は好きなのかと、とんねるずの石橋貴明さん(50)に尋ねられ、香川選手はすかさず、「そうっすね」とうなずいた。どんな女性が好きかとさらに問われ、「昔からずっと僕、長澤まさみさんが大好きで」と告白した。

   まさみさんの父親の和明さん(54)は、元サッカー選手でジュビロ磐田初代監督として知られる。

   出演した食わず嫌いコーナーで、香川選手は、俳優の小栗旬さん(29)と対戦し、映画共演などでまさみさんを知る旬さんに紹介まで頼んだ。「僕が勝ったら、ぜひ長澤さんを。食事だけお願いします」というのだ。香川選手は結局、負けてしまった。しかし、その罰ゲームで突然、まさみさんに公開告白をした。

   「僕が23年間、片思いをしている人」だとして、香川選手は、「今、シーズンオフで休みなので、機会があれば、小栗旬さんと一緒に食事にでも行きましょう」とカメラに向かって頭を下げたのだ。

   貴明さんは、「公共の電波を使って、告白タイムはおかしいだろ」と苦笑したが、相方の木梨憲武さん(50)は、「ナイスプレー」「香川スタイル」などと讃えた。ビッグカップルになるとした旬さんは、「返事が返ってきたら面白い」とし、番組では、結果を待つということになった。

まさみさん側「食事の話は特にない」

   この番組内容を一部スポーツ紙が報じると、ネット上では、香川真司選手の公開ラブコールに対し、様々な意見が出た。

   歓迎する声としては、「いいじゃないかお似合いだ」「最強のサッカー遺伝子カップル誕生!」「香川もぼっちだと辛いんだろう」などがあった。また、長澤まさみさんの父親がサッカー界にいたことから、何らかの面識があり、香川選手に勝算があったのではとの見方もあった。

   一方で、テレビ番組を利用した形になったことに対し、「これはちょっと調子に乗りすぎだろう」「勘違いするな香川!」「こんな自己満告白普通振られる」といった厳しい指摘も出た。

   サッカー界ではかつて、キングカズこと三浦和良選手(45)が、モデルのりさ子さん(44)を週刊誌で見て付き合う相手と決め、猛アタックをかけて結婚した例がある。

   ただ、長澤まさみさんの場合は、父親がサッカー界にいたとはいえ、週刊誌などで、サッカーはつまらないから嫌いだと告白したことがある。小さいころは見ていたが、眠くなるので見なくなったとも明かしている。そんな中で、香川選手に会いたいとまで思うのだろうか。

   まさみさん所属事務所の東宝芸能では、担当マネージャーが取材に対し、香川選手の告白についてこう答えた。

「ファンであるのは存じ上げていますが、長澤はまったく面識がありません。(香川選手と食事の話は)今のところ特になく、ちょっと分からないですね。小栗さんは同じ俳優仲間ですので、私が介入することもありません。サッカーと言いましても、父親は父親、長澤は長澤です。ただ、ファンでいてくれて、うれしいとは思っています」

   香川選手は、この3週間だけが休みで、渡英すれば1年間は日本に帰ってこられなくなるという。果たして、2人は本当に会うことはあるのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中