ファーストサーバ大規模障害 損害賠償の詳細「現在検討中」

印刷

   レンタルサーバーの大規模障害を起こしたファーストサーバは2012年6月25日、J-CASTニュースの電話取材に応じた。6月20日17時ごろに発生した障害のため、一部サービスでメールを含むデータが消失し、バックアップも失われたうえデータの復旧も不可能になった。

   ファースト社広報によると、今回被害を受けたのは同社が抱える顧客のうち、5698件にあたるという。原因については、これまでの調査で、脆弱性対策のためにサーバーに適用した更新プログラムで「ファイル削除」コマンドの停止指示が漏れていたうえ、本来であれば対象サーバーにのみプログラムが適用されるはずが、対象範囲の指示も指定されていなかったため、すべてのサーバーに不具合のあるプログラムが当てられてしまったことが判明。さらにバックアップ環境にも影響が及んでしまったため、バックアップデータの消失につながってしまったという。

   ファースト社では1日に2回、ウェブサイト上で最新情報を更新して情報の提供にあたっている。また問い合わせ用電話がつながりにくいとの指摘があったため、回線を増強したと説明した。被害を受けた顧客に対する損害賠償については、「約款に基づき、どのような形で行うか現在検討中」との回答だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中