後を絶たない引取り依頼 「自分が助けなければ殺処分されてしまう」【宮城発】

印刷

こんにちは。動物班の泉です。


さて、動物班ブログは、最近連日バトンタッチさんの記事が続いています!
バトンタッチさんは、ワンちゃん担当さん、猫ちゃん担当さん、の基本お二人で活動されています。
今の時期は子猫のシーズンなので、猫ちゃん担当さんはてんてこまい(>_<)


加えて、下痢の子猫ちゃんが続き、猫ちゃん担当の方は心身共にかなり大変な状況で、みなさまに緊急のご支援をお願いしている次第です(>_<)
引き続き、猫砂と毛布と子猫ちゃんフードのご支援をお願い致します(>_<)

バトンタッチさん Amazonほしい物リスト【猫編】


そんな中、今日はワンちゃん担当さんのお話です。
バトンタッチさんは、震災前から保健所センターと連携を取って、センターに収容されてしまったワンちゃんを引き出して、里親さんが見つかるまでお世話をし、里親さんへと送り出すという活動をされてきました。


ここのところ、震災の影響があるのかないのかやはり多少なりともあるのか、収容されるワンちゃん、また「飼えなくなったので引き取ってください」という依頼が後をたたないそうです(>_<)
もう既に震災犬や保護犬など多数保護しているバトンタッチさんなので、本当はそんなに引き取れないところを、「自分が助けなければ殺処分されてしまう」という強い想いで自分を奮い立たせ、また今週もたくさんのワンちゃんがバトンタッチさんに引き取られました。


news_p138793_1.jpg

飼育放棄になってしまったチワワちゃん。
少し心を閉ざしてしまっているそうです(>_<)


news_p138793_2.jpg

同じく飼育放棄になったプードルちゃん。
まだとても悲しい目をしているそうです。
早くまた人間を信じてほしいな(>_<)


news_p138793_3.jpg

テリアちゃん。


news_p138793_4.jpg

捨てられていた子犬ちゃん。


news_p138793_5.jpg

捨てられていた子犬ちゃん。
二匹とも別のところで保護されたのですが、人と接していなかったようでビクビクちゃんみたいです(>_<)


バトンタッチさんの本拠地は震災のど真ん中。
1年経った今でも、やはりその余波によって追いやられてしまったワンちゃんが回り回ってバトンタッチさんのような団体のところにやってくるような気もします。


このように保護された成犬のワンちゃんの里親になりたいと思った方からよく聞かれるのが「大人になっても懐きますか?」「一度心を閉ざしてしまったワンちゃんは扱いにくいのでは?」などがあります。


もちろん個人(個犬?) 差はありますが、ほとんどのワンちゃんが、大人になっても十分懐きますし、十分信頼関係を築けます!!
一度人間に裏切られて心を閉ざしても、ほとんどのワンちゃんはちゃんとまた人間を信じようとしてくれます! その強さと優しさは人間が見習わなければならないと思うほどです。


バトンタッチさんは定期的に里親会も開催されていますので、近郊の方はぜひワンちゃん&猫ちゃんに会いに行ってくださればうれしいです。


↓こちらに最新の情報がアップされています。

http://batontouch.chu.jp/


ぜひこのかわいいワンちゃんたちへのご支援もよろしくお願いします!

バトンタッチさん Amazonほしい物リスト【犬編】

(ふんばろう東日本支援プロジェクト・動物班)



ふんばろう東日本支援プロジェクト・動物班

■ふんばろう東日本・動物班
http://wallpaper.fumbaro.org/animal/index
■Amazonウィッシュリスト[福島県楢葉町:坂本さん宅]
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/YBEX3HSSTAOS/ref=cm_wl_rlist_go_o_C-16

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中