スカイマーク、ANAは「品性に欠ける」 JAL上場賛成の意見書で批判

印刷

   スカイマークは2012年7月13日、9月にも予定されている日本航空(JAL)の株式再上場について、「再上場を果たすことで業界全体が安定することは、結果的に当社の経営にも安定をもたらす」として歓迎する意見書を国土交通相に提出した。意見書では、JALの再上場について

「事業計画が5~10年先にまで及ぶため景気変動に耐えられる資金計画が必要であり、市場からの資金調達手段は経営をする上で不可欠」

と理解を示す一方、全日空(ANA)が再上場を「競争環境をゆがめる」などとして批判を強めていることについては、北海道国際航空(エア・ドゥ)やスカイネットアジアが倒産した際にANAが両社を支援したことを引き合いに、

「『業界の安定』を掲げて経営を支援し全日空グループに取り込み、新規航空会社の自由競争を歪めています」

と主張。

「業界の安定という錦の御旗を自社の損得で使い分けることは品性に欠けるものではないでしょうか」

と批判を展開している。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

J-CASTニュースは2016年1月の月間ページビュー(PV)が約1億1千万に達した。

ユーザー登録後24h限定 セール品がさらに安くなる3000円分クーポンつき

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座