スカイマーク、ANAは「品性に欠ける」 JAL上場賛成の意見書で批判

印刷

   スカイマークは2012年7月13日、9月にも予定されている日本航空(JAL)の株式再上場について、「再上場を果たすことで業界全体が安定することは、結果的に当社の経営にも安定をもたらす」として歓迎する意見書を国土交通相に提出した。意見書では、JALの再上場について

「事業計画が5~10年先にまで及ぶため景気変動に耐えられる資金計画が必要であり、市場からの資金調達手段は経営をする上で不可欠」

と理解を示す一方、全日空(ANA)が再上場を「競争環境をゆがめる」などとして批判を強めていることについては、北海道国際航空(エア・ドゥ)やスカイネットアジアが倒産した際にANAが両社を支援したことを引き合いに、

「『業界の安定』を掲げて経営を支援し全日空グループに取り込み、新規航空会社の自由競争を歪めています」

と主張。

「業界の安定という錦の御旗を自社の損得で使い分けることは品性に欠けるものではないでしょうか」

と批判を展開している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中