アニソン歌手オーディションで「音痴?」が優勝 大バッシングにもプロデューサー「悔いはない」

印刷

   アニメ歌手の新人を探す全国的なオーディションが先ごろ開かれた。ところが、その優勝者の歌唱力に納得できないとしてネット上で大ブーイングが起こり、オーディション審査委員長が名指しで批判される騒ぎとなった。

   アニソン界の帝王・水木一郎さん(64)も、今回の審査結果に苦言を呈し、審査へのバッシングが加速したが、当の審査委員長は「審査結果に悔いはない」などと「ツイッター」で返答した。

アニソン帝王は「俺の意思が審査員に伝わってなかった」

   このオーディションはアニメ放送局のアニマックスが主催する「第六回全日本アニソングランプリ」。次世代のアニメ歌手を発掘するのが目的で、優勝者はプロデビューが約束される。今回は過去最多の1万171組の応募があり、書類選考、全国6都市で開催された予選大会、ネット投票などによって10人が2012年10月7日に開催された決勝大会に進み、北海道選出の岡本菜摘さん(18)が優勝した。

   この大会の模様が12年11月4日にアニマックスのBS放送でオンエアされたところ、「なぜこの人が優勝?」とネットで大騒ぎになった。音程が不安定で、声も上手く出せていない「音痴だ!」というのだ。実は岡本さん、北海道大会では優勝できず、ウエブ投票で上がってきたということも「疑惑」として囁かれた。

   この結果にネットで大ブーイングが起きると、今大会の委員長を務めた水木さんが「ツイッター」で11月5日、こんな苦言を呈したため非難が一層燃え盛ることになった。

   「審査に関われない大会委員長の立場はもどかしくもあり、今回は俺の意思が審査員に伝わってなかったのかと思うと自分の力のなさを感じてしまう。アニソンの未来のために、原点回帰も必要ではないか」

   水木さんは今大会には即戦力となる才能を求めていたという。

   アニソンの歌手は歌唱力のある上手な人が多く、ファンも耳が肥えている。ネットでは今大会の「戦犯」探しが始まり、大会の審査委員長だったアニプレックス社員のプロデューサーに批判が集中することになった。

優勝者はアニプレックスからデビューする

   ネットでは今大会の採点表が晒され、10人いる審査員の中でこのプロデューサーだけが10点満点だ、と激しい議論に発展。プロデューサーの「ツイッター」に、批判や問い合わせが舞い込み、ネット上の「炎上」を知ったプロデューサーは、水木さんに対し、

「仰る事、尤もですしご意見を無視するつもりも毛頭ありませんでしたが、どういった事情であれ、結果かようにツイートされるに至らしめてしまった事はお詫びします」

と謝罪したが、

「今回の結果に関しまして、口はばったいですが後悔はしておりません」

と返している。

   実は、今回の優勝者のデビューはアニプレックスからということが決まっていた。ネットでは、そうであるならばアニプレックスの発言権が大きいのは仕方がないとしても、アニメやレコード会社各社が審査員として参加している「アニソングランプリ」の存在理由が問われるのではないか、などといった疑問が出ている。

   今回の騒動についてどう考えているのかアニマックスに問い合わせたが、

「放送させていただいた通りの結果です」

ということだった。なお、今回の「第六回全日本アニソングランプリ」は、スカパーのアニマックスの番組で、11月10日と11日に同じものが再放送される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中