脅迫が続く「黒子のバスケ」 新作アニメ、MBSは大丈夫?

印刷

   大人気マンガ「黒子のバスケ」のアニメ第二期の制作が決まったという情報がネットに流れ、「この時期での発表は最悪だろ?」などとアニメ制作会社を心配する声が拡大している。

   2012年10月から作者の藤巻忠俊さんが憎い、などとして藤巻さんの母校や「黒子のバスケ」のイベント主催者などに脅迫状や、殺害を目的とした硫化水素が発生する薬品などが置かれ、イベントは軒並み中止を余儀なくされた。アニメを制作したMBS(毎日放送)にも脅迫状が届き、そこには「二期を流すなら覚悟しろ!」と書かれていたからだ。

脅迫状が届いたイベントや店舗の数は60を超えた

   「黒子のバスケ」は集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載が始まったバスケットボールマンガで、単行本は現在20巻、累計1500万部近く売れる大ヒットを記録している。また、「腐女子」と呼ばれるボーイズラブ好きの女性に大人気という一面があり、登場人物の恋愛を描いた二次創作の同人誌がバカ売れし、展示即売会のイベントが全国各地で開かれている。テレビアニメ化もされ、MBSや独立UHF局で12年4月から9月まで放送された。

   そんな「黒子のバスケ」だが、作者の藤巻さんが憎いなどとして藤巻さんが在籍していた上智大の体育館に12年10月12日に硫化水素が発生する液体が入った容器が置かれた。

   翌 13日には東京ビッグサイトに「イベントをやめなければ、薬物をばらまくぞ」という脅迫文と、粉状のものが送りつけられた。さらに脅迫は止まらず、イベントを開催予定のテーマパークや書店だけでなく、作品の舞台となったとされる複数の高校や、アニメを放送した放送局、アニメ制作会社と続き、脅迫状が送られたその数は60を超えているとされる。

   また、脅迫状を送った本人だという「喪服の死神」と名乗る人物が掲示板「2ちゃんねる」に現れ、今回の自分の行動について説明している。これが本当に本人で、内容が事実かどうか謎なのだが、犯人と藤巻さんは知り合いで、藤巻さんは犯人が大切にしていた人と離れ離れになるきっかけを作った。ただし、藤巻さんが自分に謝ってくれれば許すことが出来る。自分が警察に自首する際には

「藤巻さんは100%落ち度の無い純粋な被害者です。動機は彼の学歴と才能と成功への嫉妬です。藤巻への恨み云々の話は全て俺の妄想に基づく作り話です」

と証言すると書いている。また、年内に逮捕されなければ自殺するつもりだ、とも。一方の藤巻さんは「全く身に覚えが無い」と困惑しているという。こうした状況のため、年末年始に予定されていた「黒子のバスケ」のイベントは軒並み中止を余儀なくされた。

「火、刃物、銃・・・どんな手でも使ってやる!」

   そうしたなか、ネットでは12年12月26日から「黒子のバスケ」のアニメ、第二期の制作が決まったとの情報が流れた。まだ正式発表はされていなかったが、12年12月28日発売のマンガ雑誌「少年ジャンプNEXT! 」の予約販売の広告がネット通販サイトに出て、表紙に「テレビアニメ第二期制作決定!!」の文字が躍っていたからだ。

   もちろんファンは大喜びしているのだが、ネットの掲示板やブログには「この時期に発表して大丈夫なのか?」「脅迫に屈しない姿勢は立派だが・・・」などと不安の声が広がった。実は制作しているのはMBSなのだが、MBSにも10月31日に脅迫文が届いている。そこには、

「藤巻が調子に乗ったのもお前らがアニメを流したからだ。もし二期目も流すのならそのときは覚悟しておけ!俺は硫化水素へのこだわりは捨てた。火、刃物、銃・・・どんな手でも使ってやる!」

というものだった。

   MBSはどう対応していくのか。同局の編成に話しを聞いてみたところ

「現時点では二期の制作が決まった、ということだけです。今後どうしていくかについては情報を随時流して行きますので、ご注目いただければと思っています」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中