女子生徒に曲贈る「妄想教師」 神奈川県教委「2、3年に1人いるタイプだ」

印刷

   女子生徒を抱きしめたり曲を贈ったりして懲戒処分を受けた神奈川県立高校の男性教諭(55)が、ネット上で話題になっている。こんな「妄想教師」は多いのか。

「夕飯食べたの?」「お疲れさま」

   男性教諭は、女子生徒に送ったこんなメールに、ハートマークを付けていた。

「僕の中には世界中の女性で1人しかいない」

   神奈川県教委の調査免許課によると、教諭は、2013年1月15日に停職6か月の懲戒処分になり、この日に依願退職するまで、湘南地区の県立高校に勤務し、音楽系の部の顧問をしていた。

   教諭は、部活動で自分の思うように指導ができず悩んでいた。そんな中で、部員の女子生徒1人だけは、自分の理解者、味方になってくれたと感じるようになった。部員をまとめて引っ張ってくれ、成果が挙げられたと確信したからだ。

   12年9月ごろには、指示通りにうまくいったと気分が高まり、教諭は音楽室でこの女子生徒をほめるつもりで肩を抱き寄せるハグをした。

   こうしたハグが3回もあったため、女子生徒は困惑し、「迷惑に感じています」と教諭に伝えた。しかし、教諭は、次第に思い込みが激しくなり、10月1日には女子生徒を呼んで、好意を持っていることを直接告白した。「僕の中には世界中の女性で1人しかいない」と明かしたというのだ。

   さらに、10月10日には再び女子生徒を呼び、自ら作った曲をプレゼントした。スポーツなどでトランペットを鳴らして演奏するファンファーレのような曲で、こちらはピアノで自ら演奏した。歌詞はなかったものの、女子生徒の氏名のイントネーションに音符を当てる作曲技法を使ったそうだ。

   教諭はこの2か月間、この女子生徒に携帯メールを168通も送った。ほとんどは部室のカギ受け渡しなどの事務連絡だったというが、部活動に関係のない私的なメールも29通あった。うち6通は、メールにハートマークを付けていた。

県教委「ほめられると喜んで舞い上がる性格」

   メールには、直接好意を伝えたり、わいせつな内容であったりするものはなかった。とはいえ、本を読んだ感想を書いてハートマークを付けたりしており、神奈川県教委の調査免許課では、「女子生徒が不快に思う不適切なメール」だとしている。

   男性教諭には、妻子がおり、教委の調べには、妻と離婚して女子生徒と結婚することまでは考えていなかったとした。次第に女子生徒を苦しめていることに気づくようになり、女子生徒を呼んで「好きな気持ちを2、3年かけて横に置けるようにする」といつか忘れることを約束したという。

   教諭は、このほか、同じ部の別の女子生徒が2012年9月15日に相談してきて泣き出したとき、励まし慰めようとハグをした。好意はなくこれ1回だけだったというが、この生徒はセクハラだと不快に感じた。

   不祥事が発覚したのは、好意を持たれた女子生徒がセクハラだと迷惑に感じていることをほかの部員に訴えたことから。部員らが教諭に確認したところ、教諭は事実関係を認めたため、一緒に教頭のところへ行って報告した。

   調査免許課が校長に聞いたところ、教諭は授業に熱心だった。特にカッコいいわけではなく、年相応のごく普通の教師だともいう。

「ほめられると喜んで舞い上がる性格で、生徒の気持ちを読み取る繊細さはなかったそうです。音楽の先生であることもあるのか、自分に酔ってしまっていたようですね」(調査免許課)

   こうした「妄想教師」はほかにもいるのかについては、「2、3年に1人いるタイプだと思います」と言っている。

   ちなみに、湘南地区で県立高校は25校あるが、今回の高校は、有名な進学校ではないそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中