松屋の「牛めしバーガー」絶好調 予想の2倍の売れ行きに本格販売へ

印刷

   牛丼チェーン大手「松屋」が販売を開始した「牛めしバーガー」が絶好調だ。ハンバーガーのバンズの部分を円形のご飯にし、牛丼の具を挟むという牛丼店らしい特徴あるバーガーだ。

   「牛めしバーガー」は現在、1個130グラムのバーガーが2個入った袋で販売されている。2013年2月15日から始まった通販サイトでは5袋1セットで、価格は税送料込みで2980円(現在はキャンペーン中で2380円)。店頭では18日から1袋380円で販売が始まった。

国民食の牛丼とハンバーガーをドッキング

通販サイトで販売中の「牛めしバーガー」
通販サイトで販売中の「牛めしバーガー」

   松屋フーズ広報によれば、牛丼は今や国民食となったが、一方でハンバーガーも国民食だから、それをドッキングさせ、牛丼よりも手軽に食べられるだけでなく女性受けもいいはずだと商品化した。

   もともとこの商品は同社の冷凍食品の販売を拡大する目的で開発されたものだが、運転しながら片手で食べられるため、150のドライブスルーやサービスエリアで実験的に販売を開始。お客の希望により温めて提供するようにしたところバカ売れ状態なのだという。

「店の中で食べたい」という要望が来ている

「ご好評いただいておりまして、通販、店舗トータルの売り上げは当初予想の2倍になっています。また、お店で座って食べたいという要望も寄せられていますので、これから検討していきたいと考えています」

と同社広報では話している。

   牛丼チェーン各社は値引きキャンペーン合戦を繰り返したため疲弊し、2012年からはコメと肉の価格高騰が押し寄せ、軒並み大幅な減益になり、13年3月期決算の予想を下方修正している。松屋もその一つだが、今回の「牛めしバーガー」は起死回生の救世主になるのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中