在日米軍司令官が中国をけん制 レーダー照射「安定維持に寄与しない」

印刷

   在日米軍のサルバトーレ・アンジェレラ司令官は2013年2月28日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、尖閣諸島をめぐる中国側の行動について、「(日中)2国間の安定を維持するのに寄与しない」と非難した。

   また、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備で反発が広がっている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについては、近く本土にも飛行訓練のために配備されることも明かした。

尖閣は日米安保の適用対象

会見するサルバトーレ・アンジェレラ司令官。尖閣諸島をめぐる中国側の行動を批判した
会見するサルバトーレ・アンジェレラ司令官。尖閣諸島をめぐる中国側の行動を批判した

   アンジェラ氏は尖閣諸島について、

「米国は条約上の義務がある。我々の立ち位置は、双方がこれ(尖閣問題)を平和的に解決すべきだというものだ」

と、日米安保条約の適用対象になるとの見方を改めて示した。中国艦による射撃管制用レーダー照射については、小野寺五典防衛相が発表する前に自衛隊から情報提供を受けたことを明らかにした上で、

「この種の行動は、2国間の安定を維持するのに寄与しない。(行動が)エスカレートする危険がある。自衛隊は非常にプロらしく抑制的に対応した」

と中国側を非難。

「この種の紛争がエスカレートすれば、経済を含めて、太平洋全体の安定と安定を脅かすことは、両国は認識している」

と自制を求めた。

   中国艦が米国側に射撃管制用レーダー照射を照射した際の対応については、

「(米中は)お互いに、お互いの能力を知っている。目標は、それが起こるのを避けることだ」

と述べるにとどまった。

オスプレイ、3月初旬にも飛行訓練のために本土配備

   オスプレイについては、

「(普天間に配備した)10月から安全に飛行している。このことを誇りに思う」
「人道援助や災害救援や、そのほかの不測の事態に対する2国間の能力を強化する」
「速度が2倍、荷物を積める量が3倍、行動半径が4倍」

と安全性と利便性を強調。オスプレイは従来機種に比べて安全面で良好な記録を残しているとして、

「米国は、リビアでパイロットを救助するのにオスプレイを使用した。中東でも広く救助活動に利用されている。自分のプロの意見としては、すばらしい飛行機だ」

と絶賛した。来週(3月上旬)にも飛行訓練のために本土にも配備されるとして、

「低空飛行や夜間訓練を含むかを含めて詳細は明らかにできないが、日本政府との合意は守っている」

と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中