原口一博議員は「光の戦士」超能力者だった!? 高校時代に未来に行き福島原発事故を見ていた

印刷

   「光の戦士・原口」「グーグルアース原口」などと形容され、その発言がネットの一部で注目されることが多い原口一博衆議院議員(53)が、実は超能力者だったらしい、と話題になっている。

   というのも2013年3月4日、SNS「フェイスブック」に1977年の17歳の頃に自身が書いた詩をアップし、「未来に行ってこの光景を見た」と書いたからだ。未来で何を見たのかは明記していないが、詩の内容から考えると、福島原発の事故を指しているように読める。

「原子力プラントが爆発する夢は、もはや夢ではなかった」

原口一博衆議院議員は超能力者?
原口一博衆議院議員は超能力者?

   タイトルが「誰も救われない」という詩の内容はおおよそこうだ。

   春の朝、蓮華の甘いとろけるような匂いがたちこめているときに、地平線いっぱいに黄色い帯が流れ、赤い炎が刺すような光を放ち黒い煙がその赤い炎を覆った。そして死臭がそこから漂ってきた・・・。

   そしてこの詩を、

「恐ろしい事故のイメージ 核と共存できない世界 昭和52年の僕は、未来に行って、この光景をみていた。あまりにも暗い、そしてどこにも救いのないイメージ 赤い炎 見たこともないような禍々しい閃光 黒い煙」

と説明した。

   13年3月1日付けの「フェイスブック」にも似たような記事が掲載されている。高校時代は核の脅威に悩まされ続け、原発事故を予言するような詩をしたためていた、とし、

「幾晩も原爆で消される夢をみた。原子力プラントが爆発して、世界がなくなる夢を見た。
それは、もはや夢ではなかった」

などと書いている。

   ネットでは原口議員が「超能力者だったということか?」「預言者だったとも言える」といった書き込みも出た。掲示板「2ちゃんねる」でも、

「さすがは光の戦士、ということ」
「グーグルアースで見た、の間違いではないのか?」

といった意見を述べる人も出ている。

「笑いがとまらね~hiiiiiiiiiikuhiiiiiiiiiiiiikuhiiiiiiiiihkuあー」

   ここで出てくる「光の戦士・原口」というのは、06年にテレビ出演した際に、当時、大きな騒動となっていた「永田メール問題」について、「闇の勢力によって画策されたもの」、と主張したため付けられたあだ名。「グーグルアース原口」というのは、13年2月7日の衆院予算委で、中国海軍艦艇が自衛隊艦艇にレーダーを照射した海域を明示しなかったことに対し、語気を強め「グーグルアースか何かで見れば分かりますよ!」と意見したことから付けられた。グーグルアースの写真はリアルタイムで更新されていないため、現在どこに艦艇がいるかはわからない。

   原口議員が詩を掲載した「フェイスブック」には60ほどのコメントが寄せられていて、

「笑いがとまらね~hiiiiiiiiiikuhiiiiiiiiiiiiikuhiiiiiiiiihkuあー」
「Googleアースで、これから50年後の世界を見て、もう一度ポエムを公開してくださいな」
「この素晴らしい詩に曲をつけて、原口さん自身がお歌いになり、それをYouTubeにアップしていただけないでしょうか?]

などといったような書き込みばかりになっている。実際に詩に曲を付けネットで公開する人も現れている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中