サッチャー元英首相が死去 国内外から哀悼の意

印刷

   マーガレット・サッチャー元英首相が2013年4月8日午前、脳卒中で死去した。87歳だった。

   保守党党首から、1979年に女性初の英首相に。歯に衣着せぬ発言と妥協のない政治姿勢から「鉄の女」と綽名された。82年、南大西洋で勃発したフォークランド紛争に際しては、政府内の慎重意見を押し切って即座に軍を派遣、英国を勝利に導き、強い指導力を見せ付けた。

   経済面では新自由主義にもとづき、国営企業の民営化など規制緩和を進め、「小さな政府」への転換をはかる政策を断行。低迷していた英国経済を復活させた手法は、サッチャリズムと呼ばれ、その後、日本など他の先進国にも大きな影響を与えた。

   同時期の米国のレーガン大統領とは保守政治家として特別の盟友関係で結ばれ、旧ソ連と対抗した。

   しかし、政権後期になって、多くの失業者を生み出すなど急進的な改革の弊害が露呈すると、国内のみならず欧州からの反発も強まり、90年に退任。その後は表舞台に姿を見せず、2008年には認知症を発症したなどと報じられていた。

   告別式はロンドンのセント・ポール大聖堂で軍葬の礼をもって執り行われる。遺族の意向を踏まえ、完全な形での国葬は行わないという。

   訃報を受け、キャメロン英首相、エリザベス英女王をはじめ、日本の安倍首相など、世界中の著名人から哀悼の意が寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中