平野綾がとうとうツイッターを終了 フォロアー38万人「もっと早く止めるべきだった」の声も

印刷

   声優の平野綾さん(25)が2013年5月22日をもって「ツイッター」を終了した。アカウントは残し、今後は「公式インフォメーション」として活動の告知をするのだという。

   実は平野さん、2012年12月ごろから発言は殆どなく出演スケジュールやCD発売などのお知らせばかりになっていた。フォロアーは38万人以上いて終了に悲しむ声もあるのだがトラブル続きだったため「もっと早く止めるべきだった」といった声も多い。

「またデマかと思ったらマジじゃねーか」

   平野さんのツイッターに、

「これからこちらのアカウントは平野綾の公式インフォメーションとして、出演情報や活動のお知らせをさせていただきます。これからもよろしくお願いします。平野綾&スタッフ」

というお知らせが出たのは13年5月22日の夕方。これからは事務所でこのツイッターを管理運営していくということらしい。ネットでは、

「またデマかと思ったらマジじゃねーか」
「俺の生きがいがぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
「38万人もフォローしてるのに何を考えてるんだ????どうするつもりなんだよ」

などといった叫び声があがったが、平野さんがツイッターをやって何の得もなかった、人気を落としただけ、という声のほうが多く

「もっと早くこいつからTwitter取り上げていれば・・・・」

と感慨に耽る人もいた。

   とにかく平野さんはファンの「ツイッター」コメントに敏感で、キレまくっていると話題になった。声優に専念せずタレントとしてテレビに出るのはファンへの裏切りだ、というコメントに対し、

「バッシングする方。フォローするのをやめてもいいのですよ?」

と毒づいたり、アイドル声優は恋愛の話をせずにオタクに献身して欲しい、という意見には、

「聞いているのが阿呆らしくなってきました。私は声優です。アイドルです。役者です。アーティストです。変な業界観と恋愛観を押し付けないでください」

と激しく反論を展開した。平野さんはファンのことを考慮して誰もフォローをしない、というのを約束していたはずだったが、10年12月にプロ野球のダルビッシュ有投手からフォローをツイッターで頼まれるとあっさりフォロー第一号として登録したためバッシングを受けた。

「ベッドシーン流出写真」の釈明かと思ったら・・・

   11年4月からは所属事務所に対する愚痴や批判が多くなり、

「去年から出た新規アニメ禁止令の中、二期ものと長期が有り難い!ほんとに有り難い」

などとつぶやいて事務所とのトラブルに発展した。

   また、平野さんと思われる人物のベッドシーン写真が月刊誌「ブブカ」に掲載されたと大騒ぎになった際、平野さんは11年8月31日にツイッターで、今日はずっと溜め込んでいたブログを書くと宣言し、

「夜にお知らせがありますので~♪」

とつぶやいた。釈明のようなものをするのだろうファンは期待したが、そのお知らせというのは、新ファンクラブ発足とライブの開催の告知だったため、ファンの怒りを買った。

   こうした経緯から、ファンは平野さんはツイッターに向いておらず、批判や誤解を生じさせることになるため、ツイッターを止めたほうがいいという意見が少なからずあった。そして、12年12月ころからインフォメーション以外のツイートは出なくなっていて、とうとう13年5月22日に終了のアナウンスが流れた、という形になった。

   なぜこの時期に終了したのか、平野さんの所属事務所のGrickに問い合わせてみたが、

「担当者は外出中か、もしくは会議に出ていて不在です」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中