「毒舌」西川史子、さすがに言い過ぎた? 「菜々緒の熱愛は話題作り」発言にJOYも激怒

印刷

   モデルの菜々緒さん(24)とJOYさん(28)の熱愛報道に対する、医師でタレントの西川史子さん(42)のテレビ番組での「毒舌」が不評だ。

   西川さんと言えば「歯に衣着せぬ物言い」でネットユーザーからも人気を博してきたが、何にでも噛み付く姿勢に徐々に反感が高まっているのだろうか。

太田光「西川さん最近いじわるばあさんみたい!」

   2013年7月7日放送の情報番組「サンデー・ジャポン(サンジャポ)」(TBS系)で、菜々緒さんとJOYさんが「お泊まりデート」したという女性セブンの報道が取り上げられた。

   コメントを求められた西川さんが「これはただの話題作りじゃないですかね。生き残ろうと必死だなぁとしか思えないですね」と言うと、司会の爆笑問題・太田光さんから「西川さん最近いじわるばあさんみたい!」の声が上がった。コメンテーターのテリー伊藤さんも「話題作りだって何だって菜々緒と一緒だったらいいよねぇ!」と菜々緒さんのフォローに回り、西川さんは一人納得していないような表情だった。

   インターネット上では、「西川も調子に乗り過ぎると干されるぞ」「あなたこそ必死ですよ。特に最近のあなたは必死過ぎて見てられない」「西川さんも話題作りで結婚したんじゃないの、TV業界から消えろ」など、西川さんに対する批判が多く書き込まれている。

「人のこと言う前に自分の悪いところ直せ」

   JOYさん本人も7月7日夜、「いつも人に上から目線の女医さんがテレビで何か言ってたらしいが、あの方は人のこと言う前に自分の悪いところを直した方がよっぽど世の中の為だな。何も知らずに人のことを偉そうに語る前に、医者の仕事に集中しとけよと思う」とツイートした。これはすぐに削除されたが、その後「大人気ない発言申し訳ない。削除したが、譲れない思いだってある」ともツイートしており、ご立腹の様子だ。

   西川さんはこれまでにもサンジャポなどで様々な報道を一刀両断し、「ご意見番」のようなポジションを確立しつつあった。最近ではペニーオークション詐欺に加担したとされるタレントを批判したことで「芸能プロ幹部が激怒」と一部で報じられ、ネット上では「西川先生が正論」「西川先生がんばれ」などの声が上がっていた。

   ある種「正義の味方」のように見られていたが、今回の発言で少しミソをつけた形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中