SNH宮澤佐江、なぜかツイッターで「あっかんべー」と「絶叫」 ジャニーズメンバーとの「お泊まり愛」文春報道に反応か 

印刷

   AKB48グループの恋愛スキャンダルを次々と報じている週刊文春の新たなターゲットは、「男前キャラ」として知られる宮澤佐江さん(22)だった。文春記事の内容が明らかになった2013年8月6日の深夜、宮澤さんはツイッターで意味不明な文字列とともに「叫びたい!!!!!!!」と絶叫。自らの「あっかんべー」の写真も載せた。記事への直接的な言及はないものの、何らかの反論を希望している可能性もある。

事務所は自宅訪問認めたが交際は否定

週刊文春に「お泊まり愛」を指摘された宮澤佐江さん(2011年4月撮影)
週刊文春に「お泊まり愛」を指摘された宮澤佐江さん(2011年4月撮影)

   宮澤さんは13年6月の「選抜総選挙」で10位にランクインしたが、順位発表の場で「これからSNH48一本でいきたいと思います」とAKB48との兼任を事実上拒否する形で上海のSNH48の活動に専念することを宣言し、話題を呼んでいた。

   首都圏で8月7日に発売された文春「8月15日・22日 夏の特大号」の記事では、「SNH48・宮澤佐江が実家マンションで育むお泊まり愛」と題して、ジャニーズ事務所の人気ユニット「Snow Man」メンバーの深澤辰哉さん(21)が宮澤さんの自宅に「お泊まり」したことを写真付きで指摘している(双方の事務所は、文春に対して深澤さんが宮澤さんの自宅を訪問したことは認めたものの、交際の事実については否定)。

   記事の概要は発売前日の8月6日18時過ぎに文春ウェブサイトで明らかになり、その4時間半後の22時半頃、宮澤さんは泣き顔を表す絵文字とともに、

「これだけしか言わないし言っちゃいけないから言わせてください!!!」
「叫びたい!!!!!!!」
「だめなのよ、だめなのよ、言えないのよ。言葉にも出せない、つぶもやけない。だめなのよ。。だから私は叫ぶ!!」

などとツイート。宮澤さん自身は何らかの説明を望んでいるものの、運営関係者から口止めされていることがうかがえる。宮澤さんのツイートに「週刊誌」「文春」「お泊まり」「交際」といった単語は出てこない。

キーボード乱打して意味不明な文字列をツイート

   宮澤さんは

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

とも絶叫。キーボードを乱打して

「かまそほたわまさななそgtgtdpDwm'wapdはm3は'730333399(d76d6わdpdg.wgdedそはたわあまさかわさわそやらたさまはらわさをきあわきさまのらうるばさかまさgtd'dorgxgkytd'a'hbpまかさた、たわまさはわさた、たばそまらた73428.4」

と意味不明な文字列もツイートした。

麻里子さまには「叫ぶしかないから叫んでる真っ最中!!!」

   異様なツイートにAKB48の仲間も心配したようで、卒業したばかりの篠田麻里子(27)が、

「さえちゃんどうしたの」

とツイッターで話しかけると、宮澤さんは

「叫ぶしかないから叫んでる真っ最中!!!」

とぶちまけた。

   その5分後に、宮澤さんは

「暗号じゃないぜーーww 叫んだのよーーーー ぐっちゃぐちゃにキーボード打っただけだからねん! はい!これでもうおわり! ちゃんちゃん!!!!」

と宣言。誰かに向けたメッセージなのか、「あっかんべー」の写真もアップロードした。

    日付変わって8月7日午前2時前には

「明日のコンサートの自主練してました!大阪盛り上がりましょうねっ」

とツイート。「通常営業」を強調していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中