「報道ヘリが伊豆大島の救助活動を邪魔している!」 ネットで拡散された情報はデマだった?

印刷

   台風26号による大雨の影響で18人が死亡した東京・伊豆大島の大島町では、今なお39人の安否が不明で、懸命な捜索が行われている(数字は2013年10月17日12時現在)。

   そんな中、「報道ヘリコプターの騒音で伊豆大島の救助活動が妨げられている」という情報がネット上で拡散された。マスコミ批判の声が巻き起こったが、どうやら「早とちり」による情報拡散だったようだ。

「マスゴミが助かる命の火を消している!」「過熱ぶり何とかならんのか」

   13年10月16日、あるFacebookユーザーが以下の投稿をした。

「伊豆大島の友人より・・・。『サイレントタイム』を実施したくても報道ヘリが飛行しているので実施出来ない。生存者が発見出来たのはすべて、かすかな『助け声』だった。報道の方。その大切さも理解できます。しかし、人命がかかってます。時間との勝負です!」
「大島町役場の総務課●●(実名)さんと連絡がとれ、『サイレントタイム』を15時から17時の間、実施出来るとありがたい(中略)とのこと」

   サイレントタイムとは、建物の崩壊などがあった災害や大事故の現場で、要救助者の発する声や物音を聞くため、取材や作業のための重機の使用を自粛して静かな時間を作ることを指す。

   この投稿を見た人がツイッターで「ヘリコプターを止めてとの要望が出ている」などとツイートしたことで情報は広まっていき、15時過ぎには、伊豆大島の情報を発信するアカウントが

「【拡散希望】伊豆大島救助隊が、救助の為のサイレントタイムを15時から17時で実施したいが旋回する報道ヘリコプター二機のため困難との事。どなたか、報道機関に伝えるか、拡散願います。」

とツイートした。

   これが瞬く間に拡散され、「マスゴミの皆さん、助かる命の火を消しているのはあなた方なんですよ!」「この手の過熱ぶりは何とかならんのか」など報道への批判が多数書き込まれたほか、「朝日新聞に伝えました」「日テレとTBSに電話しました」「スポンサーに抗議しよう」という人も現れた。

町役場「上空は自衛隊の輸送機などが飛んでいた」

   しかし、町から「サイレントタイムを実施する」という公式発表はなく、「一次情報がネットの書き込みだけ」で情報が拡散されている状態に、次第に疑問を感じる人も出てきた。

   「はたしてヘリの騒音が問題なのは本当か否か、そもそもヘリは本当にマスコミのものなのか、などなどが不明な点が多すぎ」「RT欲しいと叫ぶのにソースも張らないの?」などの声が上がり、伊豆大島の情報発信アカウントにも批判が寄せられた。同アカウントは伝聞による情報を拡散させてしまったと認め、ツイートを削除した。

   サイレントタイムの実施や報道ヘリが問題となったことは事実だったのか、大島町役場に問い合わせたところ、「サイレントタイム…ですか?」と困惑気味で、「上空は自衛隊の輸送機などが飛んでいたが、報道ヘリが救助活動を妨げたというようなことはない。特にサイレントタイムの要請もしていない」と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中