【2013年エンタメ回顧】(上)
指原AKB総選挙1位、ももクロ、ハロプロ追い上げ 橋本環奈ちゃんも参入してアイドル業界大盛り上がり

印刷

   2013年も残りわずか。エンタメに関する身近な話題をJ-CAST家のファミリーで振り返ります。第1回はアイドルネタの総まくり。今年もAKB48をはじめ、ももいろクローバーZ(ももクロ)やハロー!プロジェクト(ハロプロ)、ジャニーズなどが様々な話題を振りまいてくれました。登場するのは、父、母、兄(大学生)、妹(高校生)です。

地方グループメンバーのランクインが増えた選抜総選挙

総選挙で躍進した松井珠理奈さん、松井玲奈さん(左から、12年11月撮影)
総選挙で躍進した松井珠理奈さん、松井玲奈さん(左から、12年11月撮影)
妹:今年もAKB48に沸いた1年だった!
母:6月の選抜総選挙は盛り上がったわね。ママ友会でも話題になるほどだった。
父:指原さんが1位になったのはびっくりしたなあ。
兄:中国からも大量投票があったらしい。総選挙が国際化したね。
妹:お小遣いで頑張ってまゆゆ(渡辺麻友さん)に投票したのになぁ。でも、指原が1位になったおかげでAKBがすごく話題になったのはよかった。指原センターの「恋するフォーチュンクッキー」もいい曲だし、YouTubeで「踊ってみた」動画をアップするのも流行った。私も文化祭で踊ったよ。
母:正直、あまり知らない子がたくさんランクインしていると思ったんだけど。
兄:NMB(大阪)、SKE(名古屋)、HKT(福岡)という地方グループのメンバーの票が去年よりかなり増えたんだ。
妹:AKBの選抜にも入ってるSKEの(松井)珠理奈、玲奈が2人とも初めて「神7」に入って。あまりテレビに出てなかったけど、握手会の対応の良さで人気になったSKEのあかりん(須田亜香里)が選抜に入ったり。NMBの2トップ(山本彩さん、渡辺美優紀さん)も選抜入り。HKTのさくらたん(宮脇咲良さん)、はるっぴ(兒玉遥さん)も去年から順位爆上げした。人気のすそ野が全国に広がったってわけね。「まだまだAKB終わらない」って思ったな。
兄:悪い話もあったじゃん。1月末に峯岸みなみが丸刈りになって。
父:週刊文春にお泊まり写真を撮られたんだよな。
母:パワハラや体罰って言われて、ヨーロッパや中国、韓国でも批判的に報じられたのよね。私も見ていて少し嫌な気分になったわ。
妹:みぃちゃん(峯岸さん)の覚悟は相当だったと思うから、たくさん叩かれてちょっとかわいそうだった。でも研究生として一から頑張って、8月に結成したチーム4のキャプテンに就任するまで復活したよ。
兄:河西智美の児童ポルノ問題もあったし。
妹:写真集の表紙で男の子がともーみ(河西さん)の胸をおさえてる写真が使われて、たくさんクレームがあったんだよね。さすがに私も引いちゃった。結局、写真集も発売されなくなって、話題になればいいってもんじゃないと思った。
兄:古参メンバーの卒業もあって、AKB人気は峠を越したという話もあるよね。前はすぐ売り切れてたコンサートのチケットをギリギリまで売ってたんでしょ。
母:そういえば、チケット発売中のCMは結構見た気がするわ。
妹:私もすんなり取れてびっくりしたけど、ドーム公演だし公演数も多かったし、日程に平日が多かったっていう理由もあったと思うよ。

マー君も大好きなももクロ、コンサートは激戦

兄:俺の周りはももクロとか、ハロプロのファンが増えた気がする。
母:今年、モーニング娘。を久々にテレビで結構見たわ。ミュージックステーションにも出てたけど、6年ぶりだって緊張してるみたいで、微笑ましく見ちゃった。
父:会社の忘年会で若い子たちがももクロを踊ってたよ。ももクロの歌は聞いてると何か元気になるよな。
妹:娘。は今年絶好調だったね!3枚シングル出したけど全部オリコンで1位になった。1年で3作1位になるのは娘。史上初なんだって。マツコ・デラックスとか、ファンを公言する芸能人も増えてきたよね。あと、ハロプロでは℃-ute(キュート)もキテる。11月に出したシングルが、発売初日だけだけど、同じ日発売のももクロのシングルを抜いて2位だった。
母:ももクロといえば、楽天のマー君(田中将大投手)がファンとしてテレビに出てたのでびっくりしたんだけど。
兄:田中はガチガチのモノノフ(ももクロファン)だよ。ももクロのメンバーカラーの5色のグローブ使ったり、ファンクラブのプレゼントがメンバーカラーのタオルだったりしたんだよな。テレビで共演しても、負け知らずの投手とは思えないくらいデレデレだったなあ。
妹:ももクロも相変わらず有名人に大人気だね。熱狂的なファンが多いから、コンサートのチケットはいつも争奪戦。私もクリスマスのコンサート、応募したけどダメだった。
父:アイドルといえばAKB、ももクロ、ハロプロばかりが話題になるけど、他のアイドルはどうなんだ。
兄:橋本環奈(かんな)ちゃんが年末に注目を集めたね。ファンが撮影した画像がツイッターで広まって、あまりのかわいさに「天使すぎる」と話題になった。福岡のアイドルグループ「Rev.(リブ) from DVL」のメンバーなんだけど、それまで全国的にはほぼ無名だった。
妹:それ以外では、あまりいい話はなかったかな。FUJI★7GIRLs(フジセブンガールズ)っていうグループが撮影中に使ったセメントでケガして全員活動休止になったってニュースを見た。
兄:「平成のキャンディーズ」って触れ込みでデビューしたC@n-dols(キャンドルズ)ってグループも、あんまり話題にならないまま解散になっちゃって、そのニュースで初めて知った人が多かったり。俺も全然知らなかったわ。
母:キャンディーズはランちゃん、スーちゃん、ミキちゃんの3人じゃなきゃダメよね。

ポスターに土下座、「レイプ車」デマなど「痛いジャニヲタ」話題

母:女の子の話ばかりだけど、ジャニーズだって今年色々あったわよね。
妹:一番衝撃的だったのはKAT-TUNの田中聖の脱退だよね。確かにヤンチャなイメージはあったけど…。
兄:ジャニーズらしくなくて好きだったんだけどな。でも、辞めてからツイッターやってるけど、漫画オタクアピールとか結構面白い。来年公開の映画「サンブンノイチ」も出るらしいし、意外と生き残る道あるんじゃないかと思ってるよ。
妹:個人的には、「ジャニヲタ」が怖い。普通に応援してる分にはいいんだけど、嵐のポスターに土下座したり、共演した女性が気に入らないとツイッターを炎上させたりしてるの、気持ち悪いよね。コンサート延期で夜の東京に放り出されたパーナさん(NEWSのファン)が、「レイプ車が動いてる」「変な薬をばらまいてる奴がいる」ってツイッターで拡散させた話もあったけど、ジャニヲタの間でよくデマが回ってるのを見るよ。
母:今年はSMAPが結成25周年だったのもあって、「SMAP×SMAP」で5人で大阪旅行したり、シングル50曲をノンストップで歌ったり、ファンも普通の視聴者も楽しい企画をやっていたね。年末には、嵐がオリコンの年間ランキングで、3度目のトータルセールス1位になったってニュースも見た。いい話題もたくさんあったじゃない。
父:お父さん世代では、やっぱり藤圭子の自殺がショックだった。「圭子の夢は夜ひらく」、スナックのママがよく歌ってたんだよなぁ…。
母:ちょっと。
兄:俺もリアルタイムでは知らないけど、宇多田ヒカル好きだったから、ショックだった。週刊誌やワイドショーであることないこと言われて、そっとしといてあげろよ、と思ったよ。
父:11月にはジュンペイ(桜田淳子さん)が一夜限りで復活したんだよな。平日じゃなければ俺もイベント行きたかった。次の日に新聞で見たけど、変わらず可愛かったなぁ。
母:「あまちゃん」が大人気になって、昔アイドルだった出演者のブームもあったわね。キョンキョン(小泉今日子さん)が歌った挿入歌「潮騒のメモリー」がオリコン2位になったり、薬師丸ひろ子の昔の写真集も古本屋で売れたりしたみたい。
妹:ほんとに色んな出来事があったんだね。秋からももクロの事務所・スタダ(スターダストプロモーション)の芸能3部がアイドルのオーディションやってて、来年に新しいアイドルのお披露目あるかもって思ってるよ。1月にはAKBのアルバムが出て、3月にはももクロとAKBが国立競技場でのライブをやる。聖の映画も4月公開だし、盛りだくさんだね。
兄:来年のアイドル業界も色々起こりそうで楽しみだな。卒業とか脱退、スキャンダルも含めてね。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中