JR大阪三越伊勢丹、売り場6割削減 百貨店戦争激しく…

印刷

   西日本旅客鉄道(JR西日本)と三越伊勢丹ホールディングスが共同運営する「JR大阪三越伊勢丹」は、5万平方メートルある売り場面積を6割削減する。2014年1月21日に発表した。同店は「三越」と「伊勢丹」の両方の名前がつく全国唯一の店だが、店舗名も変更する見通し。

   14年夏に一部を除き閉鎖し改装工事に着手、15年春に再オープンする。三越伊勢丹が強みとする自主編集売り場や紳士服、雑貨に絞り込み、呉服や美術などをなくす。空いたスペースには専門店を入れる。

   JR大阪三越伊勢丹は2011年5月に開業。それを機に、JR大阪駅周辺では商業施設の集積が急速に進んだ。大丸梅田店、阪急うめだ本店が大幅に増床。この地区だけで売り場面積は3年前の1.8倍の26万平方メートルまで拡大する過当競争になっている。

   2013年の全国百貨店売上高は下げ止まったが、大阪は高額品にけん引されたアベノミクスの恩恵は限られ、ほとんどの百貨店で売上高が目標に届いていない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中