自称「武田信玄の末裔」モデルを万引きで逮捕

印刷

   東京・瑞穂町のホームセンターで万引きしたとして、警視庁は2014年2月6日、モデルの武田アンリこと鈴木千里容疑者(28)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

   鈴木容疑者は、「ジョイフル本田 瑞穂店」で、30代の女とともに数十万円相当のカーテンや雑貨などを盗もうとした疑いがもたれている。TBSの報道などによると、鈴木容疑者らは店員にその場で取り押さえられ、容疑を認めているという。

   鈴木容疑者は「武田信玄の末裔」を名乗り、女性ファッション誌「小悪魔ageha」などに登場していたが、武田家家臣の末裔の団体「武田家旧温会」が「甲斐武田正当家出身の方にその様な方はいらっしゃいません」と否定していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中