横浜F・マリノスのポスターは「人種差別」? 外国人Jリーグファンが批判

印刷

   Jリーグ横浜F・マリノスのポスターが「不快だ!」「人種差別だ!」などと外国人のJリーグファンから批判されているのだという。

   マリノスのユニフォームを着た、太った巨漢の外国人が出てきて、グラウンドでドリブルをしている、というもの。ネットではこのポスターが物議を醸していることに関して「何が悪いのか意味が分からない」「クレーマーじゃないのか?」などと首を傾げる人が多い。

選手全員が優勝に向けた練習中のため急きょ代役

ツイッターでも「代役」披露
ツイッターでも「代役」披露

   問題になっているのはマリノスがJリーグ開幕に向けて出した広告ポスターで、そこには「齋藤学、出演拒否」という文字と一人の巨漢の白人男性がグラウンドでドリブルをする姿が写っている。もう一枚は、「選手全員、出演拒否」という文字と、3人の白人男性がグラウンドに颯爽と立ち、得意げなポーズを決めているというものだ。ポスターに書いてある説明によれば、選手全員が優勝に向け練習中のため、急きょ代役を立てたのだそうだ。

   そして本物の選手の雄姿は「開幕戦で」と書いている。マリノスの公式「ツイッター」にもポスターの写真と説明がついていて、

「2014.3.2 J1開幕戦 vs大宮 代役よりも10倍はキレキレ。この勇姿は開幕戦で」

となっている。

   一種のギャグでウケを狙うような作りになっているわけだが、実は写真に出ているのは日本で活躍する外国人タレントたちだそうだ。このポスターを見たマリノスファンは、ツイッターのリプライで、

「ダルダルダーリンっていうコーナーでダルさんをやっていた俳優さんなんですよ」
「仕事してますね!久しぶりに元気な姿が見れて、よかったです。全員誇らしげにしてるのが可愛い」

などとサッカーとは全く関係のないことで盛り上がっていた。

   ところが、次第に、

「俺Jリーグの外国人のファンだけどこれを見るとすっごく怒ります」
「maybe you should study how not be a racist prick(何が人種差別に当たらないかを勉強すべき)」

といった批判が混じるようになった。

   サッカーのウエブマガジン「Goal Japan」の編集長チェーザレ・ポレンギさんは2014年2月25日にこのポスターについて、

「個人的に、外国人を悪くするためじゃないを分ってる。しかし、Jの外国人サポ何人もTwitterで怒ってる・・・」

とつぶやいた。

ANAのCMと同じ?

   チェーザレさんはこのポスターの何がいけないのかを問われると、

「外国人の代表するとしてこの3人はどうかな? 日本が長い外国人こんな『イメージ』になれているし、気にならないけど、怒る人もいると驚かないべき。 ANAのCMと同じね」(原文ママ)

と説明した。

   ANAのCMというのは、俳優の西島秀俊さんとお笑い芸人のバカリズムさんがパイロットに扮して登場し、「日本人のイメージ変えちゃおうぜ」という会話の後、バカリズムさんが突然、金髪のカツラをかぶり、高い付け鼻をした姿に変わっているというものだった。これが人種差別ではないか、と批判が出た。

   ただし今回のマリノスの場合は、なぜ外国人批判につながるのか首を傾げている人が多い。ネットには、

「外国人でオチ付けるなんてのは洋の東西を問わず使い古されたネタだしな。過剰反応に思える」
「デブがサッカーして何が悪いのか。それこそ逆差別だ」

などといった意見がネットに出ている。横浜F・マリノス広報に話を聞いてみたが、なぜこれが人種差別のポスターだと批判されるのかはわからないが、

「今のところ電話やメールなどでの抗議はきておりません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中