ハムスター虐待動画がアップされネット騒然 溺れさせ、手でつぶして死に至らしめる

印刷

   ハムスターを虐待したあげく、死に至らしめるような動画が「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」などの動画サイトに多数アップされ、ネットで大騒ぎになっている。

   同一人物による仕業のようで、「犯人」は動画を削除したが、ネットでは虐待の証拠として複製したものがいくつも作られ閲覧できる状態になっている。掲示板「2ちゃんねる」でも「ハムスター虐待動画を投稿してるガキを特定したい」などとし、「犯人探し」が始まっている。

「ハムスターを退治した!」との残酷映像

   同一人物がアップしたと思われるハムスターの虐待動画は「ハムスター虐待したった」など全部で10以上確認されている。ハムスターをガムテープでぐるぐる巻きにしたり、水槽のようなもので泳がせ溺れさせたり、手でつぶしたり、物を投げつけたり、エサをあげない、といったものがあり、「ハムスターを退治した!」という動画ではピクピク動く死にかけたハムスターが映っている。騒ぎになったのは2014年4月25日頃から。4月29日には犯人特定が「2ちゃんねる」などで始まった。

ハムスターごときでは警察は動かない?

   騒ぎになったためか「犯人」は問題の動画を削除した。一方で、「ユーチューブ」に削除したはずの動画の複製が何者かの手によって再度アップされると、4月29日に、

「無断で再サイアップロードしやがったな!どういうつもりだ」

などとコメント欄に書き込まれた。動物虐待の容疑で警察に通報したとの書き込みに対しては、

「ハムスターのようなクソネズミごときに警察は動かないよ。なぜなら、自主したから!!!注意は署で色々あったけど、何も問題なし。というわけで好きなだけ警察に馬鹿ほざいてなよ」

などと返答したという。本人なのか成りすましなのかはわかっていない。

   ネットでは、

「動画怖くて見れないが、許すまじ」
「ハムスター飼ってから、かなり心痛む。これは本当に許せない」
「成敗してくれるッ!」
などといった強い反発が出ている。
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中