「ブスは嘘をつくが美人は嘘をつかない」 「月刊モーニング・ツー」容姿差別で批判受け謝罪

印刷

   講談社が発行する漫画誌「月刊モーニング・ツー」の最新号(2014年5月22日発売号)の「編集後記」がインターネット上で物議を醸している。

   「STAP細胞」論文の筆頭著者である小保方晴子氏について書いたもので、筆者は「STAP細胞は絶対にあると思う」としているのだが、その理由が「ブスは嘘をつくが美人は嘘をつかない」というトンデモな信念に基づくものだったのだ。

美人はチヤホヤされるからウソつく必要なし

女性を容姿で差別?(画像は「月刊モーニング・ツー」最新号の目次ページ)
女性を容姿で差別?(画像は「月刊モーニング・ツー」最新号の目次ページ)

   ネットで注目を集めるきっかけとなったのは、ある読者が6月5日に投稿したツイートだ。「聖☆おにいさんが読みたくて初めてモーニング・ツー買ったら…ちょっと酷すぎないか、この編集後記。モーニング・ツー買ってるブスがいること、分かってる?」として、編集後記を写した画像もあわせて投稿した。

   本来、愛読者のひそかな楽しみになっているはずの編集後記だが、そこには次のような文章が記されていた。

「『STAP細胞はありまーす!』ボクも絶対にあると思う。だってオボカタさんはとってもかわいいんだもん。おまけに大学の後輩。大好きです。もしオボカタさんがブスだったら、STAP細胞はないと思う。ブスはひねくれてるからウソばっかり言う。その点、美人はウソを言わなくても、みんながチヤホヤしてくれるからウソは言わない。誰がなんと言ってもボクは応援してます。頑張れ、オボカタ。(Y根)」

編集部謝罪「不適切な表現があった」

   ツイートはすぐに話題となった。筆者が純粋に小保方氏を応援しているのか、皮肉を込めて書いたものなのかはさておき、「ブスはひねくれてるからウソばっかり言う」「美人はウソを言わなくても、みんながチヤホヤしてくれるからウソは言わない」という主張が問題視された。

   ネット上には、

「編集後記を編集する編集者はいないのか?」
「モーニングツー読者のブスの立場って一体…」
「想像力と笑いのセンスの欠如、衝撃的」
「うわあ……これは酷い文章だと思う。。皮肉がどうとか知ったことではないな」
「超古くて詰まらないネタを、ウケを狙う必要のない場所で勝手にやって、思いっきりスベッて白い目で見られているセンスのなさが問題」

などと、厳しい意見が相次ぎ寄せられた。中には、モーニング・ツーの公式ツイッターアカウントに抗議する人もいた。

   これを受け、モーニング編集部は6日夕、公式サイト上に「『モーニング・ツー』7月号(5月22日発売)の編集後記において、不適切な表現がありました。読者の皆様に不快な思いを抱かせてしまったことに、深くお詫び申し上げます」として謝罪コメントを掲載した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中