河村たかし名古屋市長はどこへ行く 維新への合流を断念、単独の闘いへ

印刷

   地域政党「減税日本」代表の河村たかし名古屋市長は2014年6月、「日本維新の会」「結いの党」による新党への合流を断念する意向を表明した。

   来春の統一地方選を控えて新たな非自民勢力の結集を模索してきたが、仮に合流できても「減税」が核にならないことなどから、河村氏の支援者の間で反対意見も根強く、単独で統一選に臨むことにした。かつて首相を目指した野心あふれる政治家・河村氏はどこへ行くのか。

地元では圧倒的な人気

   中部地方で圧倒的なシェアを誇る中日新聞が朝刊1面で「河村氏、維新と合流せず」の見出しで報じたのが6月20日。その日、朝から詰め寄るメディア各社を前に河村氏は「原点に立ち戻って単独で頑張る」と述べ、維新・結いによる新党への合流を断念することを表明した。河村氏が自らの有力支援者十数人にヒアリングしたところ、「減税日本」として統一地方選を戦うべきだ、との意見がほとんどだったことが決め手になったという。

   ここで河村氏がどういう政治家か簡単に振り返っておこう。世襲でも官僚出身でもない「庶民政治家」を掲げ、1993年に衆院旧愛知1区(中選挙区)で初当選。以来、衆院5期。名古屋市長に転じ、3選。国会での議論を含めて常に名古屋弁で通し、自転車を使った選挙運動や「報酬800万円市長」といったパフォーマンスで高い人気を保持し、現在65歳と政治家としては脂が乗っている。

   「独善的」との批判もあるが、今も名古屋市民からの支持は絶大で、恐らく大阪市における橋下徹市長の人気を超えている。名古屋の誰に聞いても「河村さんが選挙に落ちることは考えられない」との答えが返ってくる。

   ただ、河村氏の足元は少しぐらついていた。減税日本を立ち上げたものの、グループの名古屋市議が政務調査費を不正受給したり、当て逃げ事件を起こすなどの不祥事が相次いだ。減税時代に議長を務め、任期1年の慣例に従わず続投しようとして減税を除名された市議が結いに入党したことも誤算だった。もし維新・結い新党に減税が合流すれば、減税除籍者と同じ党として選挙を戦わねばならないことになるからだ。それでも河村氏は不祥事の傷を負った減税のイメージダウンを払拭する意味もあって維新・結いへの合流を目指した。

地域政党はバラバラに

   しかしそこでさらなる誤算が待ち構える。維新内で共同代表を務める石原慎太郎氏と橋下徹氏との修復不可能な対立だ。奇しくも名古屋駅前のホテルで会談を重ねた2人の共同代表は5月末、党を分かつ決断に至る。河村氏にとっては一橋大の大先輩であり長く親交のあった石原氏の方にシンパシーがあった。実際、今年に入っても東京・永田町で河村、石原両氏が会談する場面が複数回、目撃されている。

   しかし、合流を目指した維新・結い新党に石原氏の姿はなくなってしまった。「橋下維新」はそもそも河村氏の掲げる減税政策に否定的。合流しても党名に「減税」が残る保証はない。

   ことここに至って行き詰まった河村氏。最後は支援者に背中を押される形で減税単独で統一選に臨む道を選択した。結果的には東京、大阪、名古屋の地域政党がバラバラになったとも言える。河村氏率いる減税が統一選でどこまで支持を得られるか。脂が乗っているとはいえ決して若くはないだけに、まさに正念場を迎える。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中