児童連れ去り昨年94件 半数近くが下校時間帯

印刷

   児童の連れ去りや誘拐の半数近くが下校時間帯に起きていることが警察庁のまとめで2014年9月25日、分かった。

   神戸市で小学1年の生田美玲ちゃん(6)の遺体が見つかった事件を受け、2013年にあった13歳未満の略取誘拐・人身売買事件94件を分析した。まとめによると、94件のうち発生時間が分かっているのは62件。そのうち約半数の29件が14時から18時の下校時間帯だった。発生場所で最も多かったのは道路上の28件で、共同住宅も25件と次いで多かった。

   男女別では女児が61人、男児が33人。年齢は0~5歳が32人で、6~12歳は62人だった。6~12歳の女児は47人と被害者の半数を占めていた。摘発した75件のうち31件は容疑者と被害児童に面識はなかった。一方で親族も30件、知人、友人も5件あった。

   13歳未満が被害に遭った略取・誘拐事件は、過去10年では141件だった2004年以降減少し、08年には63件まで減ったが、その後また増え始め、11年は83件、12年は95件だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中