本田圭佑は「ソースなし」でパスタを食す プロ意識が高い!と話題に

印刷

   サッカー日本代表の本田圭佑選手は、パスタの食べ方一つとっても「意識が高い」とインターネット上で話題だ。

   日本代表の専属シェフ、西芳照氏が明かしたところによると、合宿中の本田選手は、オリーブオイルを絡めただけのシンプルなパスタを食べるのだという。

  • 本田選手、パスタにこだわりあり
    本田選手、パスタにこだわりあり

オリーブオイルに絡めるだけ

   西氏は、日本橋高島屋で開催中の「大東北展」に、自身が福島県で経営する「アルパインローズ」を特別出店し、日本代表が実際に食べているというカレーを販売している。初日の2015年9月16日には、ハリルジャパンの「食の裏話」を報道陣に披露した。

   スポーツ紙各紙が紹介した西氏の話の中で、ネット上でとりわけ注目を集めているのが本田選手のエピソードだ。本田選手は濃いめの塩水でゆでたパスタをオリーブオイルに絡めて食べているのだという。ソースはナシ。シンプルを極めた味付けで、「白パスタ」とも呼ばれる。

   これに驚いた人は少なくなかったようで、ネット上には「すごい意識の高さを感じる」「さすが本田さん意識高い」「マラソン選手みたい」「オリーブオイルだけでパスタ食えるのか?」といった声が相次ぎ上がった。

   この白パスタ、過去には「キングカズ」こと横浜FCの三浦知良選手もバラエティー番組で紹介している。すぐにエネルギーになるといった理由から、試合前日に食べているのだという。本田選手が白パスタをオーダーするのも同様の理由からかもしれない。

   もっとも、この食べ方自体はさほど珍しいものではない。イタリアでは「パスタ・ビアンカ」と呼ばれる一般的なメニューで、トマトソースパスタと並び、子供が好む定番メニューの一つにもなっている。

   オリーブオイルは基本だが、レシピサイト等によれば、好みに応じて塩やコショウで味をととのえたり、バターをからめたり、パルメザンチーズを振りかけたりといったバリエーションがあるようだ。

ガンバ今野選手にダメ出ししたことも

   2010年には、テレビ朝日の密着番組で「食事はトレーニングと思って、細かいところまで計算して、考えてとっている」と語り、ストイックな食事管理を実践していることを明かした本田選手。

   こだわりは昔からのようで、高校時代には、日々の食事内容をサッカー日記に記録していたことでも知られている。3食のメニューはもちろん、摂取できる栄養素まで書き込んでいたというから驚きだ。

   ガンバ大阪の今野泰幸選手は毎日新聞(2013年8月9日付夕刊)のインタビューの中で、本田選手との食事中のやりとりを次のように明かしている。

「日本代表に同行しているシェフが気分転換にラーメンを出してくれる時、僕はまずラーメンに手を出してしまう。それを見ていた圭佑は『ぜんぜん駄目。まず、サラダからでしょ』。これは、栄養素の少ないラーメンでおなかをいっぱいにしてはだめということ。それから試合後、すぐカレーに行こうとすると、『まず、サラダで胃を整えて、それから食べて』と言われたり......」

   まさに本田選手の食への「意識の高さ」がうかがえるエピソードだ。今野選手は「お叱り」を受け、「ちゃんと考えているんだなと感心しつつ、自分でも意識をするようになった」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中