なぜか「70歳以上」が目立つタクシー運転手 「定時制」と「個人」で加速する超高齢化

印刷

   タクシー運転手の高齢化が進んでいる。「たまに『運転代わりましょうか?』って言いたくなる」といった声がネット上ではあふれている。2014年の平均年齢は58.6歳で、全産業平均を10歳以上も上回っているうえ、明らかに70歳以上のドライバーも目立つ。

   高齢化が事故増加に直結するわけではないが、自動車事故の件数全体が減少する中、タクシー業界の事故減少率は平均より10ポイントも低い。このままで大丈夫なのか。

  • タクシー業界で超高齢化が進む(画像はイメージ)
    タクシー業界で超高齢化が進む(画像はイメージ)

定時制乗務員は35%が70歳以上

「タクシー乗る時、順番で来たタクシーの運転手が高齢者ドライバーだった場合、イヤって言えるのか。やっぱり70歳超えてるドライバーとか怖い」
「高齢の運転手よく見るけどタクシー運転手には定年退職とかないの?」

   ツイッターなどネットには、高齢のタクシー運転手に関する書き込みがたくさんある。

   実際に、運転手の高齢化は進んでいる。厚生労働者の調査では、2012年が57.6歳、13年が58.3歳、14年が58.6歳で毎年少しずつ平均年齢は上がっている。14年の全産業平均42.9歳(男性)と比べると、いかにタクシー運転手が高齢なのかが分かる。運転手の数は減少傾向とされ、高齢層の比重が高まることになる。

   もちろん、タクシー運転手に定年はある。しかし、会社によっては定年後も週40時間以内で勤務する「定時制乗務員」という形で雇用され、運転手を続けることができる。全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)の調査では、すでに運転手全体の20%近くが定時制乗務員だ。2013年に定時制乗務員のうち70歳以上だったのは27.9%だが、15年では35.3%にまで増加している。

なかなか引退しない個人タクシー

   個人タクシーが平均年齢を押し上げている可能性もある。現行ルールでは75歳になれば事業許可は更新できなくなる。しかし2002年2月1日以前に個人タクシーになっていた場合は、75歳ルールが適用されない。

   地域によっては台数制限があるため、高齢ドライバーが引退しない限りは、なかなか若い人に新規の事業許可が回ってこないのだ。

   高齢化で気になるのは、安全面だ。

   近年、交通事故そのものは減少傾向だ。しかし、国土交通省のまとめでは、交通事故の総数は2002年93万6721件から11年69万1937件で73.9%に減っているのに対し、タクシーの事故は02年2万5970件から11年2万1616件で83.2%にしかなっていない。タクシーの事故減少率は、事故全体に比べて緩やかだ。

   もちろん、タクシー各社は安全運転のため取り組みを進めている。全タク連によると、各社は高齢ドライバーに対し、勤務時間を短くしたり、夜は早めに上がれるようにしたり、柔軟に対応しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中