「新国立A案」に垂れ込める「暗雲」 ザハ氏と「B案」建築家の不気味な「連携」

印刷

   デザイン案が白紙撤回の後、ようやく「A案」で動き始めた新国立競技場計画だが、その発進にまたも物言いがついている。当初デザインを担当していたザハ・ハディド氏からだ。

「本日発表されたデザイン(=A案)は、我々のデザインと驚くほど似ている」
  • 国立競技場の後継スタジアム、無事に完成するか(取り壊しの様子。3月撮影)
    国立競技場の後継スタジアム、無事に完成するか(取り壊しの様子。3月撮影)

伊東氏「ひょっとするとこれ、ザハさんに訴えられるかも」

   ザハ氏はデザイン案の正式発表が行われた直後の2015年12月22日、事務所を通じて上記のような声明を発表した。

   ザハ氏による未来的なシルエットの旧案。建築家・隈研吾氏が手がけた「木と緑のスタジアム」がテーマのA案。一見すると、そのデザインはまったく別物にしか見えない。だがザハ氏の声明によれば、「スタジアムのレイアウトや座席の配置」などが酷似しているという。

   具体的なポイントとして挙げられているのが、3層のスタンドだ。観客の見やすさを重視するとともに、工事が比較的容易なため工期短縮にもつながるともされ、A案の売りでもあるのだが、ザハ氏側はこれが旧案を参考にしたものだと主張する。確かに、ザハ氏の構想でもスタンドは3層となっており、A案のチームに入っている大成建設は、旧案でスタンドを担当する予定だった。

   国内からもザハ氏には「援護射撃」が出ている。負けたB案をデザインした、伊東豊雄氏だ。22日の会見で、やはりA案とザハ氏案の類似を指摘し、

「ひょっとするとこれ、ザハさんに訴えられるかもしれないな、というくらいに思っております」

と厳しい見方を示す。

隈氏「両方の差は、はっきりしております」

   隈氏も、もちろん反論している。8万人という規模の観客に対応するためには、3層のスタンドは「一番合理的」なアイデアであり、重なったとしてもおかしくはないし、そのスタンドの形状も、ザハ氏案とは別物だ――と22日の会見で語り、

「両方の差は、はっきりしております」

と自信たっぷりに言い切った。

   今回、A案が採用を勝ち取ったのは、建設までの時間が限られる中で、工期の面での優位性をアピールできたことが大きかったとされている。

   しかし、選考前の段階で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、「外側だけ見るとB案の方がいい」「A案はお墓のよう」などとB案に肩入れするような発言を繰り返したため、「森会長の意向で決まったと思われないため、あえてA案にしたのでは」と勘繰る声もある。B案の伊東氏も、森氏の発言に「まずいな」と内心思っていたと、会見で言及した。

   ザハ氏の今後の動き次第では、森会長の「失言」が、さらなる禍根の種になることも予想される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中