佐野研二郎氏、多摩美大で授業に復帰? ネットでは「説明を先にすべきだ」との声

印刷

   五輪エンブレムを白紙撤回後に公の場に出ていないデザイナーの佐野研二郎氏(43)は、教授をしている多摩美大で2016年4月から再び授業を持つと一部で報じられている。しかし、ネット上で書き込まれているのは、批判や疑問ばかりだ。

   「新しいエンブレムの選考が始まっておりますので、静かに見守りたいと考えております」。スポーツ報知の2015年12月28日付記事によると、佐野研二郎氏にメールで取材を申し込んだところ、広報担当の妻を通じて、最近こんな返信が来た。

  • 大学ホームページにまだ名前が
    大学ホームページにまだ名前が

2016年4月から講義の予定と報じられる

   佐野氏は、9月の白紙撤回後、沈黙を続けており、マスコミ取材に「反応」したのは初めてだという。ただ、「現在は取材をお受けしておりません」との回答だったとした。

   佐野氏が現在デザイナーとして仕事をしているかは、よく分かっていない。代表をしている「MR_DESIGN」のホームページは、住所と電話番号が載っているだけだ。母校の多摩美大では、佐野氏は14年4月に教授に就任して特別講義をしてきたが、報知の記事によると、美大は、エンブレム騒動から佐野氏は講義をしておらず、15年度中は予定もないと取材に答えた。

   しかし、美大のホームページでは、佐野氏の名前がまだ載っており、「佐野プロジェクト」という選択必修科目もあった。記事によると、美大は、騒動による佐野氏の処分はないとして、「現在のところは、来年の春から講義をしていただく予定です」と明言したというのだ。記事では、佐野氏は、大学教授として公の場に姿を見せることでデザイン界に復帰する可能性が高いとしている。

   ただ、エンブレム白紙撤回後も、多摩美大の雑誌広告「MADE BY HANDS.」について佐野氏の画像盗用疑惑が指摘されたが、美大側は、まだ何らかの判断を示していない模様だ。

関係者から復帰を望む声が出たというが...

   また、佐野研二郎氏も、一連の疑惑を否定しながらも、白紙撤回などについて会見を開こうとせず、説明責任を果たしていないとの批判が出ている。

   今回の報道が出た後、ネット上では、多摩美大に対し、「この人を教授としてまだ使うなんておかしい」「大学にいろんな人が来て大変なことになりそうだな」「学生も迷惑だろう」といった指摘が相次いだ。佐野氏に対しても、「教壇に立つならば 何かしら今回の件について発信しないと」「逃げ切ろうとでも思ってんのか」と厳しい声が上がっており、中には、「潔くデザイン業界から退いた方が良い」との意見もあった。

   もっとも、関係者からは、佐野氏の復帰を望む声も出ている。

   スポーツ報知の12月28日付記事によると、エンブレム委員会委員長の宮田亮平東京芸大学長は、「彼本来の人間性が素晴らしく、周囲の皆さんが彼のことを理解できると感じられれば、また仕事を一緒にできると考えるでしょう」と取材に話した。週刊ポストの21日発売号によると、広告業界関係者の話として、佐野氏に同情的な大手クライアントが「励ます会」を開いたといい、佐野氏は、長い出張に出て、意気揚々と仕事しているという。

   多摩美大は、年末年始休暇に入ったため、MR_DESIGNにJ-CASTニュースが取材したが、広報担当は外出中だとして話を聞けなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中