立教テニサーの「オタク」対応が炎上 ツイッターで入部質問をブロック、そして...

印刷

   立教大学のテニスサークルとみられるツイッターアカウントが、「オタク」と自称するユーザーからの入部に関する質問をブロックしたことがきっかけで炎上する騒ぎになっている。

「春から立教大に進学予定なんですが、ここのテニスサークルは根暗系オタクでも楽しく過ごせそうですか?」
  • 「オタク」質問を巡って炎上騒ぎに(写真はイメージ)
    「オタク」質問を巡って炎上騒ぎに(写真はイメージ)

偽アカウントも作られ、リツイート1万1000件

   サークルのツイッターで、2016年2月26日に新1年生からの質問を受け付けたところ、翌27日に前出のユーザーから出たのは、こんな質問だった。

   これに対し、サークル側は、このユーザーをツイッター上でブロックした。すると、ユーザーは、ブロックした画像を投稿し、「なにこいつら」と嫌悪感を露わにした。こうしたやり取りがツイッター上に広まると、疑問や批判が相次いだため、サークルのアカウントは炎上が拡大しないように非公開設定になった。

   その後、サークルのアカウントにそっくりな別のアカウントがこの日のうちに開設され、次のような刺激的なツイートをした。

「うちのサークルははっきり言ってオタクみたいな陰キャラはいらないの、ハッキリ言っとく」

   この発言はたちまち話題になって、さらに非難が沸き起こる騒ぎになった。29日夕現在までに、1万1000件もリツイートされている。

   別アカウントでは、その後も発言は続いた。サークルのメンバーが複数ログインしているので、どのメンバーがブロックしたか分からないとしながらも、「このツイートを消していただけませんか?オタクさん」「リツイート層がオタクだけだからよゆーだよね笑」とまた挑発的なことを書き込んだ。しかし、その後はサークルを名乗るのは止めており、偽アカウントだったことが分かった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中